07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-23 (Mon) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
フェアリーショッピング (講談社の翻訳絵本)フェアリーショッピング (講談社の翻訳絵本)
(2007/07/13)
S. ガードナー

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ページをめくると可愛らしい妖精のショッピング街へ。いたずらゴブリンがいたり、魔女がいたり、運命の変わる帽子を売るお店や、歩くたびに足元を照らす妖精の靴のお店、魔法のアイテムを売っている「アリババの店」など、夢のあるショップが並んでいます。語りかけるような文章に加え、ページをめくるたびにだんだんと時間が経っていくので、ほんとうにショッピングしているようです。絶妙なタイミングでお茶に誘ってくれたり、欲しいものは見つかった?と声をかけてくれるのも、本当に妖精に案内してもらっているようで、なんだかうれしくなってしまいます。子供だけでなく大人も絵本の世界へどっぷりは入れそうです。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日、娘のバレエの発表会がありました。

娘は12月からバレエを習い始めたばかりなので、当初、発表会に出るのは無理なのでは…と心配していたのですが、

先生から今回の発表会は一人で踊るスタイルで、上手下手に関わらず、自分がどれだけ練習したかを披露する形なので、ぜひ参加してと誘われ、

娘もやる気満々だったので、結局参加することにしました。

まだ、2ヶ月の娘がどれぐらいできるのだろう?

小さい頃からバレエを習ってきた子に気後れしちゃうのでは…?

などなど、会場に着く前とても心配していた私。

が、そんな心配は取り越し苦労でした。

初めての舞台にも関わらず、娘は会場に着くなり、ハイテンション。

メイクをしてもらう時もニコニコ。仕上がった宝塚風の派手なメイクを見てうっとり。

舞台の場当たりや練習の時には、先輩たちに交じって、堂々と練習(こっちがハラハラするほどの肝の座りっぷり)

ヒラヒラの衣裳を身に着け、本番前には写真を撮ってとリクエストし、

本番でもいつも以上に上手に踊ってくれました。

なんだか、そんな娘が頼もしく、嬉しく、魅力的に思えた1日でした。

発表会舞台裏
こちらは本番前の舞台裏風景

小さなバレリーナたちはどの子もとってもかわいくて魅力的です。

出番が終わり、メイクを落とそうとクレンジングを娘の顔に付けると

娘がポロポロと涙をこぼしたので、ビックリΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

聞いてみるとメイクを落とすのが嫌だったのだそう。

「このままでおうちに帰りたい」とのこと。

いやいや、それはいやんやろ!! 他の人はビックリするで!!

とにかく、今はバレエが好きで、好きでたまらない娘です。

※娘の顔写真を旦那に写メールしたら、「その化粧はどうなん???」と返信が。。。。

やはり、舞台メイクに慣れていない人にとってはビックリするメイクなんだな~( ̄Д ̄;;アハハ


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


先週は、息子がインフルエンザにかかり、確定申告を仕上げ、バレエ衣裳を少し手作りし、発表会…と、ヘトヘトになった1週間でした。フゥゥゥ☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



2009-02-18 (Wed) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
きょうりゅうたちがかぜひいた (世界の絵本コレクション)きょうりゅうたちがかぜひいた (世界の絵本コレクション)
(2006/06)
ジェイン ヨーレン
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


恐竜たちが風邪をひいた。はなみずたらりん。くしゃみもいっぱい。診察室で辛そうな表情のスティラコサウルス、ベッドの上で泣きべそかいてるガリミムス、薬をちっとも飲もうとしないパラサウロロフス…。描かれている恐竜たちは、風邪をひいた時の誰かさんと同じように、お医者さんを手こずらせたり、パパやママを困らせたり。全ページに迫力いっぱいのさまざまな恐竜が生き生きと描かれ、コミカルな姿で読者を楽しませてくれます。文章も短く、リズミカルに展開するので、小さな子への読み聞かせにもぴったりです。しかも、各ページに恐竜の名前がこっそり書かれているのを見つけるのも、この絵本の楽しみの一つ。読み聞かせの際、子供たちは恐竜のちょっぴりわがままで、おちゃめな姿に共感し、親たちは「まるでうちの子みたい」と心の中でこっそりつぶやくはず。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日、月曜日にスイミングのお友達にチョコレートを配った娘。

私のお気に入りの男の子(娘と同学年で同じ頃からスイミングを始めている子。将来はイケメンになるだろうと勝手に私が思っている子)にも娘の手作りチョコレートを渡す。

いつもたくさんチョコレートをもらっているその男の子。そのお母さんに今年の収穫をうかがうと…。

「今年は0やってん」とがっかりした声。

だから、娘からチョコレートをもらった時、とってもうれしそうな顔をしてくれました ヽ(´ー`)ノ

もちろん、仲良くしてもらっている男の子たちやその兄弟たちにも娘の手作りチョコを配って。

いやぁ、喜んでもらえて私もうれしいよ。娘は何でもない顔をしていたけど。。。

それにしても、男の子にとって、バレンタインデーってほんとにドキドキするものなんだね~。

息子は結局、私と娘以外、誰からももらえなかったんだけど、親の私がドキドキしちゃいました。

娘が手作りチョコレートを作っている時は、どちらかと言えば、ワクワクした感じ。

女の立場なら、義理チョコなんてどうでもいいじゃんって感じなのですが、

男の子の立場なら、義理でもチョコはチョコ。ありがとうございます~!!!! って思っちゃう。

息子をもって初めて知った、バレンタインデーを迎える男の子の気持ちって感じかな。


さて、その息子。現在、インフルエンザにかかり、お布団の中で就寝中。

この絵本のラストと同じように、

早く元気になってね、という思いでいっぱいです。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


日ごろ、バタバタと暴れまくる息子が目をウルウルさせて、しんどそうにしていると、母性本能を刺激させられます。マスクと消毒をしっかりしながら、看病に励みます。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング










2009-01-19 (Mon) | 絵本(外国の作家) | COM(4) | TB(0)
おふろじゃ おふろじゃ―バスタブ王ビドグッドおふろじゃ おふろじゃ―バスタブ王ビドグッド
(1993/02)
オードリー ウッドドン ウッド

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら7歳~
自分で読むなら小学校中学年~


「お知恵拝借、お知恵拝借!」と叫ぶ小姓の声から始まる絵本。小姓が困っているのは、なんとビドグッド王様がお風呂から出てくれないからです。そこで、騎士やお后、公爵など宮廷の人々がいろいろなアイデアで王様をお風呂場から誘い出そうとします。戦争を持ちかけた騎士は、お風呂で船を使った戦争ごっこに、お昼ご飯に誘ったお后は、お風呂で昼食をとるはめに…と、なかなか王様はお風呂から出てくれません。ユニークな展開も面白いのですが、何と言っても、宮廷の世界の優雅な世界、人々の表情、奥行きのある質感など美しい絵に魅せられます。最後は困っていたはずの小姓が「なるほど!」というアイデアで解決してくれるのですが、王様のちょっとお間抜けな姿も愛嬌があって憎めません。文字は漢字が多用してあり、スラスラと読むには難しいのですが、読み聞かせるには楽しい絵本。誰もが楽しめ、ワクワクするような絵とお話です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日、娘が持ち帰った学校のプリントには、来週のスケート教室のことが書かれてあった。

「へぇ、スケート行くんだ~」

娘「うん」

「初めてだよね~」

娘「うん」

「靴紐をちゃんと結べるようにしなくちゃいけないんだって。転んでも大丈夫な手袋や帽子も用意しなくちゃ」

「うん。頼むね。真央ちゃんみたいに滑れたらいいな~」

スケート=真央ちゃんのようなフィギュアスケートと思っている娘。

彼女のようになれるためには、かなりの努力が必要なんだよ~。

まずは、たくさん転んでもスケートを楽しんで欲しいな。

そういや、私もここ●十年とスケートとは縁がないな~。

久しぶりにスケートしたくなってきたぞ。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


今、バレエに夢中の娘。毎週のレッスンが楽しくてしかたないみたい ヽ(´ー`)ノ☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング







2008-12-12 (Fri) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
パリのちいさなバレリーナパリのちいさなバレリーナ
(2006/02)
MIKA POSA

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:可愛い
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


パリでバレエを習う少女の写真絵本。今日は、バレエのお稽古。少女の顔は何だかとっても嬉しそう。ママにシニョンを作ってもらって、オペラ座の前を通って、教室へ。少女たちの真剣なまなざし、美しい姿勢、ちいさなプリマたちがバレエの美しさを魅せてくれます。
少女たちの表情や教室の風景が素敵です。バレエが大好きという少女の気持ちが伝わってきます。
写真に少しだけ文章がつけられて小さな物語となっているので読み聞かせもしやすいです。
バレエを習いたての子にオススメの絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

娘が12月からバレエを習い始めました。

この絵本はそんな娘が選んだ絵本。

今、とってもバレエに夢中の娘です。

幼稚園児が3名と小学4年生が1名の小さな教室なので、小学生3年生から習い始める娘もすんなり馴染むことができたのも良かったのかもしれません。

教室では基本の動作から、音楽に合わせて踊るまでの1時間。

基本をきちんと教えてくれるのも気に入ってます。

と、いうより、我が家にとっても近い場所にあるのが◎。

毎日、バレエの日を楽しみにしている娘です。

バレエがある日には、公文もあるので、

娘は学校から帰宅すると、すぐに公文に行き、急いで帰宅して教室へ。

今日もその予定だったのですが、息子がなかなか学校から帰宅せず、

一緒に公文に行く約束していた娘はやきもき…。

私が仕事から帰宅して、娘を公文に行かせたのは、バレエ教室が始まる40分前でした。。。。

半泣きで公文へ行った娘。。。

ちゃんと集中できてるだろうか?

泣いてないかな?

心配しながら、帰宅を待っていると、

「今日はな、早くバレエに行きたかったし、いつもよりも集中してできたわ」と自信満々に帰ってきた。

なんと、公文の時間20分。今までの最短記録だわっ!!

これからも、その集中力で頑張ってくれ~。

その後、ワクワクしながら、バレエ教室へ向かった娘でした。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


約束の時間よりも遅くに帰宅した息子。案の定、寄り道していたらしい。しかも!! コートを学校に忘れ、帰宅後、トレーナーまで忘れていることに気づいた息子。いったい、何をしに学校にいったんじゃい・・・☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


2008-11-27 (Thu) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
モグとうさポンモグとうさポン
(2008/03)
ジュディス カー

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ねこのモグがもらったウサギのぬいぐるみ“うさポン”。モグは、うさポンが大好きになりました。じゃれて遊んでいるうちに、うさポンは耳も手もなくなってしまいました。うさポンにも水を飲ませてあげようとして、うさポンはお皿の中で水浸し。お気に入りの場所にそっと置いておくのですが、ママやパパに叱られることも…。ねこがお気に入りで遊んでいる時ってほんとはどんな気持ちなの??? ねこの不思議な行動も、ねこの気持ちが分かればとても納得できます。この絵本では、ファンタジーのようにねこがしゃべったりするお話ではありません。ねこの実際の行動をありのまま描いているのです。そして、ねこの気持ちを代弁しているのが、ニッキーとデビーのふたりの子供たち。子供の目線で見ると、まるでねこが人のように会話しているように思えてくるから不思議です。物語では、最後にうさポンがとんでもないことになってしまい、必死でなんとかしようとするモグの優しい気持ちが読者に伝わってきます。言葉はないけど、表情や動きでねこの想いがわかります。ねこ大好きな人にもオススメです。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

最近、娘が勝手に私のものをこっそり使っていることが判明。

今朝は、娘が学校に行った後、机の上にカーラーが置いてあるのを発見した。。。

何していたんだろう?

前髪をちょっとカールしたのかな?

そのわりにはボサボサだったぞ。。。。

しゃれっ気が出てきたのかな?

私も昔、母の口紅をこっそり使ってみたことがあったけど、そんな感じなのかな?

それでも、それでも、注意はしなくちゃ。。。

ということで、仕事から帰宅後、娘に伝えた。

「貸して欲しいものがあったら、貸してねと言ってね。黙って使うのはやめて。それと、使ったら必ずもとに戻すこと」



時間割の確認をするため、娘のランドセルをのぞいたら、

見知らぬ筆箱が出てきた。

「どうしたの?」

「友達がくれた」

「なんで???」

「しらん」

「返しなさい。友達があげるって言っても、プレゼントではないよね。お父さんやお母さんから友達が買ってもらったものでしょ。ちゃんと返そう」

「…うん」

友達との貸し借りもあるみたい。。。

小学校3年生ともなると、何だか微妙だな~。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


今朝、鍵をなくした息子。何回、なくしたら気がすんねん。。。。もうっ!! ☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



2008-11-19 (Wed) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
ヨセフのだいじなコート (ほんやくえほん)ヨセフのだいじなコート (ほんやくえほん)
(2001/12)
シムズ タバック

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ヨセフはすり切れてボロボロになったコートを、ジャケットに作り変えました。そして、ジャケットがボロボロになったら、チョッキに、チョッキがボロボロになったら、マフラーに。絵本の各ページには窓があり、ヨセフのコートの柄がそのまま次のページのアイテムの柄になるような、仕掛けがついています。最初は大きかったヨセフのコートがどこまでリフォームされ、何になるのかがお楽しみです。何度も何度も作り変えても身に着けていたいコートは、よっぽどヨセフにとって大事なものだったのだということが伝わってきます。最近は、ちょっとのことで捨ててしまうことが多いですが、ものを大事にする気持ちも伝わってくる、楽しい仕掛け絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先月末、ちょっと悲しいことを知りました。

娘が生まれた時、友人がある本を紹介してくれました。

「これ、すっごくおもしろいから読んで」とプレゼントしてくれた本は

高野優さんの「ミラクル育児図鑑」。

等身大の子育ての様子がユニークな漫画で描かれていて、いつも大笑いさせてくれる一冊でした。

その後、次々と続編が出されるたび、購入し、高野さんの子育てに時にはうなずいたり、時には涙したり、時には笑わせてもらったり。。。。

高野一家にはすごく親近感を抱いていたんです。

が、その高野さんの最愛の旦那様が9月末に亡くなられたことを知りました。

上の子・凛ちゃんがまだ6年生。下の子は小学4年生と幼稚園児。

愛する人を失った悲しみと小さな子供を一人で育てなくてはならない重圧に、きっと彼女は押しつぶされそうだったに違いありません。

お休みされていたサイトが復活されているのを見ると、高野さんのたくましさに頭が下がる思いでいっぱいになります。


これからもずっと応援していきたい女性の一人。

高野優さん。頑張って。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


娘も高野優さんの漫画の大ファン。時々、漫画を見ては、「私も小さい頃、こんな感じだった?」と聞いてきます。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



2008-10-26 (Sun) | 絵本(外国の作家) | COM(1) | TB(0)
うごいちゃだめ!うごいちゃだめ!
(1996/03)
エリカ シルヴァマンS.D. シンドラー

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


あひるとがちょうがどちらがチャンピオンかを競います。泳ぎでも、高く飛ぶのもがちょうの方が上手。そこで、あひるが「うごいたら負け」競争をしようと提案しました。どんなことが起こっても、先にうごいた方が負けです。蜂が飛んできても、うさぎが来ても、カラスにつつかれても2匹はびくともせず、動きません。風に吹き飛ばされても、吹き飛ばされたまま微動だにしないあひるとがちょう。ところが、そんな時、キツネが現れて、2匹を捕まえてしまいました。2匹を料理しようと大なべに火をかけます。それでも、2匹は動きません。湯気があがる鍋へがちょうが入れられそうになっても、がちょうはそのまま。でも、あひるは…。
まぁ、なんて2匹とも意地っ張りというか、勇気があるというか、チャンピオンにかける情熱が熱いというか…。「動かない」競争は、読者をハラハラさせ、最後まで気が抜けない展開です。動きのない展開が続く中、負けを覚悟して、あひるががちょうを助けるシーンは、より鮮明に読者の心に印象深く残ります。静から動へ一気に物語が展開し、競争していた2匹の心に友情が芽生える瞬間は感動的。がちょうが言うように、本当のチャンピオンは負けを気にせず、勇気を出して友達を助けたあひるでしょう。最後のシチューを食べる2匹の様子が読者の心を和ませてくれます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

最近、暇さえあればDVDばかり借りて映画三昧の日々を送っています。

子供たちも映画を見るのが大好きなので、今日は3人でウエンツ君の『ゲゲゲの鬼太郎』を見ました。

ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディションゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション
(2007/10/26)
ウエンツ瑛士.井上真央

商品詳細を見る


ビデオ屋さんでは、ホラーコーナーに置いてあったので、心配だったのですが子供が見ても楽しめる内容でした ヽ(´ー`)ノ

私は話に夢中で気がつかなかったのですが、途中で娘が

男の子が妖狐から逃げる、機関車の置いてある場所を指して、

「ママ、これ、梅小路や!!」と。

「これ、京都やで!! この前、行ったもん」と。

へぇぇぇ!? そうか? ほんまか?

後で字幕をチェックしていたら、ほんまに撮影協力の部分で梅小路公園と載っていました。

この映画の撮影、京都で行われたんだ~と何だか嬉しくなりました。

さらに、娘が敏感に気づいてくれたことも嬉しかったな。

今まで、子供にはアニメや洋画を中心に見せていたのですが、

邦画だと身近な場所が撮影シーンとして登場することもあって、そんなことも子供たちにとっては新たな発見になるんだな~と実感。

さぁ、次はなに見ようかな~。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


それにしても最近の邦画ってホラー系が多いな~。息子が何気なく手に取っていたのは「こっくりさん」。「そんなん見たらあかん。眠れへんで!!」と言ったのですが、息子はきょとんとして「こっくりさんって何?」。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2008-10-19 (Sun) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
おりのないどうぶつえんおりのないどうぶつえん
(2008/05)
アンドレ・ダーハン

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ある日、ポールとさるのモンティが動物園にやってきました。自分と違って動物たちがおりの中に入っていることを不思議に思うモンティ。ポールがベンチで昼寝をしている隙に、モンティはいいことを思いつきます。動物たちにお面をつけさせ、おりから出してしまったのです。その次の日。自由になった動物たちはどうなったのでしょうか? 動物たちは自分たちの特徴を活かして、なんと大活躍。とうとう街の人々から感謝され、お面もおりもない自由な生活を楽しめるようになります。
優しいタッチのイラストで動物たちと共存するほのぼのとした世界を素敵に描いた絵本。
キリンの長い首を使った滑り台やゾウの鼻からシャボン玉が飛び出すなんて、子供にとっては夢のような世界。読むだけで心がほんわかとするお話です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は良く晴れたいいお天気でした。

こんないい天気の日は外で遊ぼう~ということで、梅小路公園に行ってきました。

梅小路公園は電車の公園。広々とした原っぱもあるし、ちょっとしたアスレチックもある無料で遊べるスポットです。

今日は、何かイベントもやっていたみたいで、お店やイベント体験コーナーもいろいろあって、

普段よりいっぱい楽しめました ヽ(´ー`)ノ

梅小路

こちらは公開されていた庭園。庭園を眺めながら、お抹茶とみたらしだんごが200円で食べれるサービスもやってました。

娘と息子は初めての抹茶の味に、「うへぇ~にが~」とギブ。

私はとっても美味しくいただきました。

次は広場のほうで、いろいろな体験コーナーにチャレンジ。

白バイ

京都府警の体験コーナーでは、パトカーや白バイに乗れるチャンスも!!

大型2種を持っていて、しかもいろいろな試験をパスしなければ乗れない白バイに乗れるなんて~♪

早速、娘と息子を乗せて、カメラでパシャパシャ!!

ほんとは私も乗りたかったんだけど…すっごく乗りたかったんだけど…子供たちがいっぱい並んでいたので断念しました。。

うぅ~(>_<。)

次に子供たちがチャレンジしたのは、和紙の紙すき体験。

木の繊維で作った和紙で絵葉書を作りました。

絵も自分たちで付けてみました。

紙すき体験


いろいろな体験コーナーに参加した後、広場で子供たちとバドミントン。

以前はまったく打ち返せなかった子供たちとちょっとでもラリーができるようになって、

久しぶりに楽しかったな~♪

と、ワイワイ楽しんでいたら…急に腹痛が…。

なぜか私、謎の下痢に襲われて、その後すっごく苦しむはめに。。。。

ごめんよ~娘、息子。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


それにしても、下痢って突然、襲ってくるから怖い!! 車で行っていたので、帰り道は何度も何度もトイレを探して駆け込むはめに…。ハァァァァ(>_<。)☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



2008-10-16 (Thu) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
これはジャックのたてたいえ (ほんやくえほん)これはジャックのたてたいえ (ほんやくえほん)
(2003/06)
シムズ タバック

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


「これはジャックのたてたいえ」から始まる積み上げ話。「ジャックのたてたいえに、しまってあったチーズ、を食べたネズミ…」というように、ページをめくるたび、どんどん話が広がって行きます。ユニークなイラストとお馴染みの動物たちが出てくる小さな家を舞台にしたおかしな話。見ているだけでも楽しくて、声に出して読むともっと楽しめる絵本です。16世紀のヘブライ語の遊び歌がもとになった、外国の子供たちに語り継がれている有名なお話。日本の積み上げ話では、谷川さんの「これはのみのぴこ」が人気。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は、娘と息子を連れて、コンテンポラリーダンスの体験教室に行ってきました。

バレエを習う話もあったのですが、ダンスにも興味があるので、知人に紹介してもらった教室で体験をして、

バレエかダンスかどちらを習いたいか、子供たちにも選んでもらおうと思ったのです。

先生は若い男の先生。とてもエネルギッシュなダンサーです。

最初はみんなと打ち解けられる雰囲気つくりのためか、鬼ごっこ。

娘も息子も初めてのお友達と一緒に、キャーキャー言いながら教室内を走る、走る、笑う、走る…。

ほんとうに楽しそうでした。

しばらく、鬼ごっこで遊んだ後は、ストレッチ。

バレエを習っている子はやはり体が柔軟。娘や息子はギシギシした動きです。

次は、振り付けを覚えて、簡単な動き。

左足、右足、左足、右足、左足を上げて、後ろにひっぱられるようにジャンプ!!

いとも簡単に、しなやかに踊る先生ですが、子供たちはついていくのに必死。

振りを覚えて、動かないからだを動かし、ジャンプ!!

ダンスと呼べるほどまではいかなかったものの、ダンス教室は子供たちにはとても楽しかったみたい。

ここは月謝制ではないので、私の仕事の都合で行けなくなってもブルーにならずに済むのが◎。

ただ、場所がめっちゃ遠いんだよな~。。。それがネックだ。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子はほんとにダンスが苦手なのかも。。。。動きがずれているというより、まったく違う動きをしていた。。。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ ちゃんと先生の動きをチェックしているのか~???☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





2008-10-06 (Mon) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
ビロードのうさぎビロードのうさぎ
(2007/04)
マージェリィ W.ビアンコ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心あたたまる
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


クリスマスプレゼントとして男の子に贈られたビロードのうさぎ。値段の高いおもちゃや機械仕掛けのおもちゃたちが自分たちのことを自慢するなか、ビロードのうさぎは肩身の狭い思いをします。「ほんもののおもちゃになりたい」と願ううさぎに、一番古くてボロボロのウマが「ほんものというのは、作りや見た目ではなく、子供にとってほんとうに大切な存在になること」と教えてくれました。「子供部屋には時々、魔法が起こるんだ」そうウマがいうように、ある日、ビロードのうさぎに素敵なことが起こります。
男の子が寝る時に必要だったイヌのぬいぐるみが見当たらず、ビロードのうさぎにその役が回ってきたのです。この日から、男の子にとってうさぎは欠かせないおもちゃに。薄汚れても、ボロボロになっても、慈しんでくれる男の子。「ぼくはほんものになったんだ」とうさぎは幸せでした。ところが、男の子が病気になり、静養するため引越しをすることになりました。男の子が触ったおもちゃやシーツなどはすべて焼却される運命に。夜、庭の片隅で悲しさのあまりポロポロ涙を流すうさぎ。すると…子供部屋の魔法が起こります。
1922年に初版されて以来、世界中の子供たちを魅了してきたロングセラー本。今回は、優しいイラストを描く酒井駒子さんが訳と絵を手がけています。本当に愛されたぬいぐるみにだけ起こる『本物』への奇跡。ぬいぐるみを愛する子供たちに贈りたい一冊です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

小学校3年生になると勉強の難易度もUP。

次々と新しいことを学ばねばならない娘はかなりアップ、アップしている。。。

先日、「あまりのある割り算」でつまづき、私、担任の先生、公文の先生による集中特訓で、

ようやく「あまり」を理解した娘。

やっと、宿題もスムーズにこなせるな~と思っていたら…。

今度は国語でひっかかってしまった。

読書が大好きな娘は、比較的国語は得意だったのに、ひっかかってしまったのは辞書

※()に入る漢字を書きましょう
①「イン」()食
②「シュン」青()
③「カン」()想

などなど…。

大人なら、①は「インショク」だから、辞書で「インショク」を調べ、下に「食」があるものを探せばすぐに分かるのですが、

辞書に慣れていない娘は「ショク」から探し始めたり、「インショク」がどこにあるのかすら分からず、辞書と格闘…。

ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ そ、そんなところじゃないでしょ。

( ̄Д ̄;; 違う、違う。もっと後ろ!!

ヽ(`д´;)/ あ~行きすぎ、行きすぎ!!

(;゚皿゚) あ・い・う・え・おの順だよ。あ・い・う・え・お!!

すべての問題をやり終えるのに、1時間近くかかっちゃった。。。

これからは辞書を引く特訓を始めねば~(-公- )


娘の特訓、まだまだ続く…



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子の勉強はまだ「足し算」「引き算」。これから、繰り上がり、繰り下がりに入ったら、しんどくなりそうだ~。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2008-09-28 (Sun) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
ああ いそがしい いそがしい! (児童図書館・絵本の部屋)ああ いそがしい いそがしい! (児童図書館・絵本の部屋)
(1993/10)
ジョナサン シップトンマイケル フォアマン

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


とってもいいお天気なのに、ママは朝からゴキゲン斜め。掃除、洗濯、食事の用意とバタバタ忙しそうです。絵本からは音は出ないのですが、掃除機をかける音やカチャカチャと洗い物をする音、ママの「ああいそがしい、いそがしい」と叫ぶ声が聞こえてきそう。きっと「ぼく」も自分の部屋でそんな音や声を耳にしていたに違いありません。ところが、突然、音がやんで…。台所の戸の隙間からのぞいたぼくが見たものは…。
忙し過ぎて、失敗しちゃって、悔しくて、切なくてポロリ…。そんな経験、ママなら誰でもあるのでは?
そんな時に、無邪気な優しさで慰めてくれる子どもたち。その優しさに心のとげが取れ、じんわり暖かい気持ちに包まれる瞬間。子どもってほんとに愛おしい存在です。
忙しい忙しいと叫んでいるお母さんたちに読んで欲しい一冊です。きっと、きっと、ギスギスしていた心がちょっぴり癒されるはず。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


土曜日から旦那の実家の香川へ帰省していました。

いつもはマイカーで帰省するのですが、今回は、初めて高速バスを使っての帰省。

子供たちも初めてのバス小旅行にウキウキでした。。。

が…。

発車して約5分後。

ガシャンと嫌~な音が。。。

運転手さんが街灯のポールにバスをぶつけて、左側のガラスやライトが割れて、バスの運行が不可能に…。

子供たちが「バス、ぶつかった!! ママ、どうしよう…。香川行けへんの~???」と不安そう。

結局、壊れたバスを降りて、次のバスに乗ることに。

1時間遅れで、バスは香川に到着。

旦那の実家はバス降り場からとても近いので、子供たちがもう少し大きくなったら、子供だけでバス旅行もいいな~と思っていたのですが、

以前、起こったバスジャックや、今回のようなトラブルが起こる可能性も考えるとちょっと二の足を踏んでしまいます。

以前、JRのCMでお姉ちゃんと弟だけの新幹線の旅みたいなのがあって、

あぁ、こんな旅行ができたら子供たちにとっていい冒険になるな~と思っていたんです。

新幹線は無理でもバスなら大丈夫かな?と思っていたんですが、

現実はなかなか難しい。

あと、何年ぐらいしたら、そんなプチ冒険ができるようになるのかな?



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


高速バスの中にはトイレもあります。普段、市バスしか利用したことのない娘はビックリ!! 「ママ、バスにトイレがあるよ~!!」とワクワクして、う●こまでしちゃいました。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






2008-09-24 (Wed) | 絵本(外国の作家) | COM(3) | TB(0)
まっくろヒヨコ (世界の絵本)まっくろヒヨコ (世界の絵本)
(2003/10)
ラスカルRascal

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:シュール
読んであげるなら7歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ビトルスさんの農園で100匹のヒヨコが生まれました。99羽は黄色のヒヨコですが、1羽だけ真っ黒。仲間と違うことに疑問を感じた真っ黒なヒヨコは、パパとママを探しに行きます。黒いイヌ、黒いネコ、黒い豚…いろんな動物たちにたずねてみますが、答えはNO。そして、最後に黒い影にかけよったヒヨコは…。表紙の可愛いイラストに騙されちゃいけません。結末はとても残酷です。御伽噺ならハッピーエンドになるかもしれませんが、現実は違います。いつか、誰かが助けてくれるという甘い考えは時として自分の命を落とすことにつながるかもしれません。
真っ黒なヒヨコがたずねて行くと動物たちは、とてもそっけない返事しかしれくれません。みんな自分の家族を守ることで必死で、他人にはかまっていられないのかもしれません。小さな子どもにはちょっと不向きかもしれません。もし、読ませたいと思うなら必ず大人が最後まで読んだ後で読ませてあげてください。現実は思った以上に厳しい…そんな意味を伝えたいなら、一緒に読むのもいいかも。ちなみに我が家では、子どもたちに読み聞かせてみました。感想は「うわ~、残酷~」でした。小学生ぐらいなら大丈夫かもです。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

我が家の子どもたちは4歳ごろからスイミング教室に通っています。

娘は今、バタフライを練習していて、級に合格すれば、クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライをマスターしたことになります。

我が娘ながら、4泳法すべてをマスターするなんてすごいなぁと思ってます。

本当はもっともっと極めさせてあげたいのですが、ちょっと問題が出てきました。

バタフライは肩をよく使うので、肩(デコルテ)あたりの筋肉がとてもついてきたのです。

そう、いわゆる逆三角形の体系。

男の子ならOKかもしれないですが、女の子は…。

娘もちょっと気にしているようで、このままスイミングを続けるか否か迷ってます。

以前書いたように、バレエのほうにシフトしようかな~とも思っています。

息子はクロールをまだ練習中。クロールの呼吸法で躓いていて、1年ぐらい進級できてません。( ̄Д ̄;;

やる気があるのか、ないのか、筋肉もついてなくて、ヒョロヒョロ体系です。

ヒョロヒョロとプールを泳ぐ姿は、ある意味とても可愛い。

早く息子もバタフライまで進級して欲しいよ。。。。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


メインブログもこのブログもトップ画像をハロウィンの写真に変えてみました。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2008-09-20 (Sat) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
ぼくのともだちおつきさま (世界の絵本)ぼくのともだちおつきさま (世界の絵本)
(1999/06)
アンドレ ダーハンきたやま ようこ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心あたたまる
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


夜に出会ったおつきさまとぼく。「こんばんは」と声をかけたら、すぐふたりは仲良しに。黙っていても楽しくて、一緒にいるだけでうれしい。あっという間に時間が過ぎて、夜明け前にぼくのうちへ連れて行きます。一緒に踊ったり、食事をしたり…。うれしくてたまらない気持ちをもう一人のともだちに話して、そしてさらに出会いが広がって…。
かけがいのない友達と出会えた喜びは人生の宝物。そのうれしくて、心がワクワクする気持ちを穏やかに優しく伝えてくれる絵本です。大切な友達、大好きな人へプレゼントしたい一冊。ふんわりとした温かなイラストも魅力。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


先日、息子が帰宅するなり、「あんな~」と話し始めたこと。

「あんな~、ぼくがかえる時な、昨日。Aちゃんがな~、傘でたたかはってん。んでな~、

痛いし、やめてって言ってもやめてくれはらへんかってん。」

私「え!? そんなん昨日言ってなかったやん。ほんま?」

息子「ほんま」

私「先生に言ったん?」

息子「うん。ほしたらな、隣の組のB君とC君もAちゃんに引っ掻かれたり、しばかれたりされたはってん。んでな、今日、先生が怒らはったん」

私「先生、どこで怒らはったん?」

息子「会議室でな、怒らはった。すごく怖かった。ママよりも、パパよりも怖かった」

息子の担任の先生はいつも笑顔を絶やさないとても優しい先生。

話す言葉も静かで穏やかな先生。

その先生が私よりも怖かったとは…。よっぽど怒ったに違いない。

Aちゃんはとても人懐っこい子でおてんばな女の子。きっと悪気はなかったんだと思う。

だけど、傘は怖い。私が小さい頃、ふざけて傘でつついて、その先が目に入って失明した子がいた。。

加害者もやられた子もとても悲しい事件になる。

先生はそんな危ないことだと教えてくれたんだろう。

学校で解決したことなので、私の中では解決済みとした。

息子にもAちゃんはきっと反省してくれているよ。と伝えた。

んで、今日。先生からちゃんと報告をいただく。。。。

土曜日なのに、先生も大変だ。でも、普段は優しく、危険なことには厳しい担任の先生はとても頼れる存在。

ありがたいことです。。。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子自身があまり気にしていないのも良かった。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。