06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-13 (Fri) | 絵本 | COM(6) | TB(0)
ぼく もう なかないぞ
ぼく もう なかないぞ
おすすめ度
ジャンル:心温まる絵本
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~



動物たちの通うくりのき幼稚園ではもうすぐ節分を迎えます。
楽しく節分を迎えるために、皆で鬼のおめんを作ったり、豆まきの枡を折り紙で折ったり。
でも、もぐらのむぐら君はハサミやのりを無くして作ることができず、泣いています。
あまりに泣くので、むぐら君の涙がおおきく、おおきくなって、とうとう「なみだおに」になってしまいます。
なみだおにに撫でられると、幼稚園の皆は大泣き。先生まで泣いてしまいます。
逃げているうちに、無くしたハサミやのりを見つけたむぐら君。
勇気がむくむく湧いてきて…。

どうして泣いているのかな?
ちょっと勇気を出してみたら?
そんなことをふんわりと教えてくれる絵本です。
最後の豆まきのシーンで皆がかけあう言葉がユニーク。
「なきむしおに、おにはそとー」
「おねしょおに、おにはそとー」
などなど。
今年の掛け声をこんな風にすれば、コンプレックスも吹き飛びそうです。
節分におススメ。

ちょっとわき道
息子の目がキラリと光ったところ…

「おねしょおに、おにはそとー」です。

どうやら、今年の豆まきで実践しようと企んでいる様子。。。

分かっている、分かっているのに、やめられない。

泣き虫さんも、怒りんぼさんも、忘れんぼさんも、皆コンプレックスをどこかにやってしまいましょ。

豆と一緒に。

書評も書いてます↓


詳しくは↓


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。