05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-09 (Mon) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
あーちゃんのおにいちゃんあーちゃんのおにいちゃん
(2008/09)
ねじめ 正一

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:ほんわか
読んであげるなら4歳から
自分で読むなら小学校低学年~


妹のあーちゃんの視点から描いたおにいちゃんのお話。
それにしても、妹のあーちゃんから見たおにいちゃんは、どうしようもないおにいちゃんにうつります。あーちゃんが犬を嫌いなのを知っているくせに、犬を飼いたいとペット屋さんの前でだだをこねし。ともだちが自分よりも早いボールをなげるとグローブを放り投げて家に帰っちゃうし。宿題はやらないし、友達は家に呼ばない。ページをめくるたび、情けないおにいちゃんの姿ばかりが登場します。それでも、このおにいちゃん。憎めません。何だかちょっぴり不器用で、情けなくて、でもほんの少しだけいいところもあるんです。いいところは最後の最後に登場します。きっと、あーちゃんにとってはおにいちゃんのそこが一番好きなところで、お兄ちゃんを大好きな理由なんだと思います。
お兄ちゃんのいる妹に読んであげるのもオススメです。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

一人っ子の私にとって、兄弟とはほんとに羨ましい存在です。

兄弟・姉妹がいる人にそれを言ってもなかなか気持ちは伝わらないけど、ほんとうにいいな~って思います。

自分の経歴を知るものがこの世に親以外にも存在するという頼もしさ。

一緒に人生を歩んでいける、懐かしい話ができる、それだけでなんて贅沢なんだろうと思います。

我が家には娘と息子がいます。姉と弟の関係です。

2歳しか離れていないせいか、それとも親の私があまりにも頼りないせいか、

ふたりはとても仲がいい。

まるで子犬がじゃれあっているように遊び、喧嘩し、疲れた後は仲良く同じ布団で寝ている姿は

見ているだけで心がいやされます。

小さい頃からそれは同じで、小学校6年生と4年生になる今も変わらず。

きっと、大人になっても同じなんだろうな~と思うだけで幸せです。

もちろん、親が死んだ後の遺産をめぐり、兄弟同士で骨肉の争いがあるのも事実。

実際、私の祖父が亡くなった時、それを体験しましたから。。。

親からたっぷり愛情を注いでもらった方は、その愛情の深さを亡きあとも受け取ることができると思い、

親の愛情に飢えていた人は、亡きあとは少しでも足りなかった分を補おうとした。

そんな争いでした。

駆け引きあり、略奪あり、ドラマで見るより醜い争い。

そんな争いをきっと亡き祖父母たちは望んでいなかったはずなのに。

だからこそ、子供たちには平等に分け与えたい。

たぶん、分け与えられるだけのものをのこさないと思うけど。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


食欲旺盛な息子。ご飯より、おやつ大好き人間になってしまった。学校から帰宅したら「おやつは?」と聞くのが当たり前になってきている。「おにぎり」なんて言ったら、とっても不機嫌になっている☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。