03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-03 (Tue) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
ポッチのかんがえてることポッチのかんがえてること
(2010/10)
牛窪 良太

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ポッチは犬の12歳。僕は人間の7歳。今、ポッチはぼくをじっと見上げてうんちをしている。何考えているのかな?ポッチって。
犬と男の子。ふたり(ひとりと1匹?)の目線から交互に描かれているのがユニーク。ポッチの目線の時には、ページがピンクに変わり、犬の目から見た世界がひろがります。男の子にとってポッチは可愛い犬なのですが、実は12歳という老犬。お母さんに教えられて、おじいさんやおばあさんと同じようにポッチも年をとっていることを少しずつ理解します。
愛くるしいペットはなかなか人間のように見た目で年がわからないのですが、年を重ねるごとに体の弱りや運動能力が衰えてきます。男の子はポッチの目線で考えることで、少しずつ理解していきます。時には相手の目線に立つことの大切さを教えてくれる絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


6年生になった娘は、今、飼育係。

学校の鶏の世話に夢中になっているみたいです。

特に、年をとって弱っているめんどりのことが気になってしかたない様子。

いつも帰宅すると、その日のめんどりの様子を教えてくれます。

「ママ、今日はね、めんどりが吐いたの。餌を食べて、きょとんとしたと思ったら

ゲッ―って!!!!」

「ママ、今日はね、めんどりの世話をしようと思って、鶏小屋へ行ったら、金網に引っ掛かって怪我しちゃった」

「ママ、今日はね、おんどりが凶暴だったよ」

それはそれは楽しそうに話してくれる娘。

ちょっと思春期にさしかかり、なかなか学校での生活のことを話してくれないのですが、鶏のこととなると別。

楽しそうに話す娘を見ているだけで、幸せな気分になります。

ゴールデンウィーク中も鶏が心配な娘。

早く学校が始まって世話ができるといいね。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子が夢中になっているのは、かぼちゃの種の成長。かぼちゃの煮物を作る際に手にした種を植えて、芽が出るのを楽しみにしています。実がなったら、自分で食べるそうです☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。