10≪ 2017/03 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-21 (Thu) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
サラちゃんとおおきなあかいバスサラちゃんとおおきなあかいバス
(2009/11)
ジェーン ゴドウィン

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳から
自分で読むなら小学校低学年~


スクールバスに乗るのがちょっぴり苦手な女の子。賑やかな車内、騒がしいお友達、そして時には喧嘩も…。ある日、サラちゃんのおねえちゃんが風邪で学校を休むため、一人でバスに乗らなくてはいけなくなりました。一人でバスで帰るのは心細かったけど、ポカポカとした日差しが心地よく、ついつい居眠りしてしまったサラちゃん。降りる場所を過ぎても、眠りこんでしまって…、気が付くと窓の外はまっくら、周りには誰もいません。
物語は、バスに乗る楽しさを一人で満喫できた…という展開なのですが、ちょっぴり違和感を抱いてしまうのは、これって日本だったら、かなり問題になっちゃうな…と思ってしまうからかも。だって、スクールバスに子供が取り残される展開って…親の立場から見るとドキッとしちゃいます。でも、子供の目線から見るとそれはそれでワクワクドキドキすることなのかもしれません。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


昨日は家庭訪問の日でした。

娘の先生は4時、息子の担任は4時30分に訪れるはずでした。

お茶の支度をし、お菓子を用意している(絶対に食べてくれないのはわかっているですが)と

ピンポーン!!とベルが!

まだ、用意できてないのに、誰かな?と思ったら、娘の担任でした。( ̄Д ̄;;

まだ、10分前。これから、猛スピードで用意しようとしていた矢先だったのに…。

とりあえず、ロールケーキを切って(ほんとは生クリームを添えたかった)、コーヒーを入れて(ほんとはちゃんと砂糖とミルクも用意したかった)、先生のもとへ。

娘の学校の様子をうかがって、家庭の様子を報告して話は終了。

5年生からの持ち上がりの先生だったので、和やかでくつろいでお話できました。

さぁ、次は息子の担任だ!と

張り切って、生クリームも用意して、30分にはスタンバイOK。

が、待てど暮らせど、先生はやってこない。。。。

あれ、あれ、あれ?

道に迷った? おかしいな~?

とうとう5時になったので、学校に電話すると…いらっしゃいました。。。

すっかり忘れていたんだと( ̄Д ̄;;

訪問されたのは5時15分。生クリームも生ぬるくなっていたころでした。コーヒーもいつのまにか生ぬるいコーヒーに…。

でも、先生はよっぽど慌てて来られたのでしょう。汗だくでした( ´,_ゝ`)プッ

こんなに慌てた様子を見たら、不満はどこかにふっとんで、逆に爽やかな気分。

20代のフレッシュな先生なので、大目にみるとします。

先生はずっと恐縮していらっしゃって、ちょっと申し訳なくも思えました(*≧m≦*)

これから、息子をよろしくお願いしますね~(*≧m≦*)



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


新しい息子の先生に注意されたのは、字の汚さと言葉づかい。ごもっともです。ごもっとも。家庭でもよ~く言って聞かせます。。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。