10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-14 (Thu) | 絵本 | COM(8) | TB(0)
うさぎくんとはるちゃん (えほんのぼうけん21)うさぎくんとはるちゃん (えほんのぼうけん21)
(2010/11/27)
岡田 千晶

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:感動
読んであげるなら5歳から
自分で読むなら小学校低学年~


知らないおうちに預けられることになったうさぎくん。緊張と不安でいっぱいのうさぎくんを出迎えてくれたのは、可愛い女の子・はるちゃん。うさぎくんの気持ちを少しずつ解き解すように、クッキーをくれたり、服を用意してくれたり、やぶけたぬいぐるみに包帯を巻いてくれたり…。はるちゃんの優しい心がうさぎくんの笑顔を取り戻します。そして、お母さんが迎えに来た日、今度は別れが辛くて、泣いているはるちゃんにうさぎくんからプレゼントが。
優しいタッチの絵と心があたたまるお話。幼い頃に感じた想いが蘇るようなお話です。絵本で描かれているうさぎくんは、きっと小さな男の子。リアルに描かず、うさぎで表現することで、ソフトに子供の心の変化を伝えてくれています。うさぎくんのお母さんは病気なのかな?お母さんの知り合い宅に子供を預けることになったのかな? 知らないおうちで過ごす落ち着かない数日間、お母さんが心配でたまらない気持ち、なかなか素直になれない自分へのいら立ち。そして、人にやさしくされることのあたたかさ。うさぎくんの目線で語られる心の言葉が、読者の心に感動を与えてくれる一冊。
この絵本を手に入れたのは東日本大震災前でした。今、読んでみると、うさぎくんと同じ気持ちを抱えて、我が家へ帰りたいと思っている子供たちがたくさんいると思います。そして、はるちゃんのように優しさをプレゼントしてあげている子も。まだまだ、不安と緊張の中で心がいっぱいの子供たち、大人たちに贈りたい絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


先日、参観日&懇談会がありました。

娘はとうとう6年生に。

息子は4年生になりました。

大きくなったなぁ~としみじみ。。。

娘がまだ、1年生だった頃、手をあげるのも恥ずかしそうにしていたのに、

先日の参観ではピーンと指先を伸ばして発言しようとしている姿に頼もしさを感じました。

息子が1年生の頃は、参観で訪れれば、ちらちらと私の方をうかがい、時には手まで振っていたのに、

先日の参観ではこちらのことを気にしつつも、決して振り向かない息子。

親離れを感じさせてくれる今日この頃です。。。


学年最初の懇談は例のごとく、役員決めでした。

子供たちの小学校では1児童1回と決められているので、

昨年、娘で地域委員をしているからといって、息子の役が逃れられるかというとそうはなりません。

ドキドキしながら、役員候補者の名前が発表されるのを待っていると、意外にも立候補者が多かったようで、

すんなり4つの役員は決定。

私は今年、補欠に立候補し、来年地域委員をすることにしました。

毎年のことなのですが、このPTAの役員決め、心臓に悪いです。

働くお母さんがもっと活動しやすいように、なんとかならないのかな~と常に思っています。

学校によっては夜や土日に活動日を設けているPTAもあるそうなのですが、

我が小学校では平日の昼間が活動日。

フルタイムで働くお母さんにとっては無理な仕事です。

先生をしている方も多くて、「私、今日PTA活動なので、授業自習にします」なんて言えませんとおっしゃっていました。そりゃ、そうだ。。。担任にそれされたらかなわないな…。

かといって、夜や土日活動だと、主婦にとっては忙しかったり、せっかくの休日だったり…。

個人的に思うのが、もっと父親も参加したらいいのにな…ということ。

働くお母さんも平等なら、働く父親も平等にと思うのですが…。

道は険しそうです。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子の担任の先生は新しい学校から赴任してきた独身男性。イケメンかな~と思っていたら、ちょっと違った。。。変な期待はしないに限る!!☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。