05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-30 (Sun) | 絵本 | COM(3) | TB(0)
ともだちごっこ (おれたち、ともだち!) (おれたちともだち!)ともだちごっこ (おれたち、ともだち!) (おれたちともだち!)
(2010/03/11)
内田 麟太郎

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


テンは笛を吹くのが上手でかわいい女の子。彼女の笛を聞きたいキツネに、テンは「笛が聞きたいなら明日からオオカミと3日間会っちゃだめ」と無理やり約束させます。ところが、明日、オオカミと遊ぶ約束をしていたことを思い出したキツネは、だんだん罪悪感でいっぱいに。3日目まで我慢していたキツネですが、テンがオオカミの悪口ばかり言うのをきいて、とうとう爆発。「こんなのはほんとうのともだちじゃない。ともだちごっこだ」と言い放ち、オオカミのところへ駆けて行きました。一方、オオカミは…。
内田麟太郎と降矢ななの「おれたち、ともだち」シリーズの第10話。ほんとうの友達って、相手のことを大切に思うこと。テンは友達とは独占できるもの、自分の思うようにコントロールできるものと思い違いをしています。一方、1話から友情を育み、いまや熱い絆で結ばれているオオカミとキツネ。ちょっと、テンに心揺らいだキツネですが、心の中ではオオカミのことが気になってしかたありません。そして、オオカミも。特に、オオカミがキツネのことを想うあたたかな気持ちや、キツネがテンのことを正直に話し、オオカミとの約束をやぶってしまったことを知った時の行動が素敵です。あぁ、ともだちっていいな~と思ってしまいます。キツネがオオカミのもとへ戻ってしまった後、各ページで顔をのぞかせているテンにも注目を。最後には自分の過ちに気が付いたみたいです。それもそれで読後を爽やかに包んでくれます。1日、2日、3日と過ごす際のキツネの表情やしっぽの膨らみ方、オオカミの慌てぶりなど、降矢ななさんの表現豊かな絵も楽しく、惹きつけられる作品になってます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


息子も娘も大好きなこのシリーズ絵本。

読んでいる間中、大笑いしてくれました。

小学校5年生になる娘もちゃんと聞いてくれるのがうれしいな。

先日、娘が校外学習でNHKに行った時の放送がオンエアされました。

番組は「キミが主役だ!放送体験クラブ」

キャスター役をしたらしいのですが、オンエアで映っているかどうか、心配していたところ…

最後にばっちり、アップで映ってました(*≧m≦*)

録画しておいたので、旦那が帰宅した時に家族全員そろって観てることに。

「ありがとうございました。とても元気のよい学校でしたね」と最後に娘が登場。

緊張していたのか、無表情でセリフを言ってます。。。

「無表情だね」と家族が指摘すると、

「だってすっごく緊張したんやもん」と娘。

そうだろうな~。私も昔、アナウンサーの勉強した時、笑顔を作るのが難しかった…。

にこやかな笑顔で、はっきりと言葉を話すのって、一見簡単そうに見えるけど、すごく難しい。

娘はいい経験したな~と思う。

この録画は永久保存版にしておくね~。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子の校外学習はスケート。靴のサイズばかり気にしている息子。ちゃんと滑れるのかな???☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。