10≪ 2017/03 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-08 (Sun) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
ごろごろにゃーん
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら2歳~
自分で読むなら5歳~



最初のページは、沢山の猫がボートで飛行機に乗り込むところから始まります。
そして「ひこうきはごろごろ、ねこたちはにゃーんにゃーんないています」という文も一緒に。
でもその後は、

「ごろごろにゃーん ごろごろにゃーん と、ひこうきはとんでいきます」

このフレーズが延々と続きます。

イラストが次々と変化し、またその描き方がユニーク!!
窓から覗く猫の表情。
次々と登場するものによって、次第に明らかになっていく飛行機の大きさ。
猫を乗せた飛行機は時には、危うい目にあったりもします。
最後はどうなるかはお楽しみデス!

絵だけでもストーリーは十分楽しめますが、
「ごろごろにゃーん…」というフレーズがいいリズム感を作ってくれています。

よく、絵だけの絵本を子供に見せるとき、一々絵について説明しながらページをめくりますよね。
それが、必要ないのです。
「ごろごろにゃーん…」の言葉を読む間に、子供たちは描かれた絵の意味を把握するでしょう。
そして、だんだん、そのフレーズが心地よいリズムを持ってきます。
最後は、親子で「ごろごろにゃーん…」と一緒に読んでいるかもしれないですね。
私は時々、知らず知らずのうちに口ずさんでいることもあります。

ちょっとわき道

ごろごろにゃーん、ごろごろにゃーん靴が飛んでいきます。

ごろごろにゃーん、ごろごろにゃーん枕が飛んでいきます。

ごろごろにゃーん、ごろごろにゃーんお菓子が飛んでいきます。

こんな風に飛んでいくものの名前を変えて遊んだりします。

ちょっと、子供がぐずっている時やゴキゲン斜めの時に試してみて。

いつの間にか子供も一緒に遊んでいますよ。。。


書評も書いてます↓


詳しくは↓


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。