01≪ 2017/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-27 (Mon) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
王さまライオンのケーキ はんぶんの はんぶん ばいの ばいの おはなし王さまライオンのケーキ はんぶんの はんぶん ばいの ばいの おはなし
(2010/04/16)
マシュー・マケリゴット

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい&学習
読んであげるなら小学校低学年~
自分で読むなら小学校低学年~


掛け算、割り算の概念をわかりやすく教えてくれる絵本。
王さまライオンから食事会の招待状をもらったアリ。王さまのところには、アリのほかにコガネムシ、カエル、インコ、イボイノシシ、カメ、ゴリラ、カバ、ゾウも招待されていました。食事が終わるとデザートに大きなケーキが出てきました。王さまは「自分の分をとって隣に回しなさい」と言って、まずゾウに渡しました。ゾウはケーキを半分取り、カバに回しました。カバも半分取り、ゴリラへ、ゴリラも半分取りカメへ…。アリに回ってきたのは、ケーキの粉だけでした。それでも、アリはお礼に「明日ケーキを焼いてきます」と言いました。すると、負けず嫌いのコガネムシは「アリの2倍、2つのケーキを焼いてきます」と約束します。」カエルも「コガネムシの2倍、4つのケーキを焼いてきます」と約束します。そうして、次々に動物たちは前者の2倍のケーキを焼いてくることを約束するのですが、大変なのはゾウ。いくつになったのかは絵本を読んでのお楽しみです。
倍と半分の感覚が絵とストーリーでわかりやすく描かれています。動物たちの負けず嫌いな性格がユニークで、欲張ると大変なことになることも面白く描かれています。そして、何より魅力的なのは、この王さまライオン。威厳があって、寛容、冷静沈着な様はさすが動物の王と思えます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日、娘と喧嘩しちゃいました。

娘の態度が気に食わず、私もつい声を荒げてしまいました。

でも、すぐに反省。

娘と目を合わせて、ゆっくり深呼吸。

自分の気持ちが上手に言葉で伝えられない娘は口をとがらせたまま。

「今、あなたの気持ちを私に伝えるのに、上手に言えないのは何が邪魔している?」と聞くと

ぽつぽつと話出した娘。

娘「怒るもん」

私「怒らない」

娘「嫌われていると思ってた」

私「どうして?」

娘「怒るから」

なんだか、とても反省した。

注意していることが娘にとっては「自分が嫌われている」と思わせているものだったとは。

ついつい、女性として、母として、娘に対して注意してしまう私。

幸せになってほしいから、魅力ある女性になってほしいから、と思ってのことでした。

でも、気持ちをきちんと伝えきれていなかったのは私の方。

注意することがいじわるのようにとらえられていたようです。

そう思わせた私に問題があったのか。

大好きだよ。とても愛している。ついつい、辛いコト、痛いコト、悲しいコトを避けるために先に口を出してしまっていたね。どんな気持ちで伝えているかも伝えないまま。注意だけが先行してしまったね。
ごめんね。

娘の心の奥の声を聞けた1日でした。

彼女の心の声をもっともっと拾い、私の想いがきちんと伝わるようにしなければと反省した1日でした。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


スイミング教室に通う息子がとうとう4泳法をマスターしました。あとはタイムを頑張るだけ~♪ すごいね。頑張ったね。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。