05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-24 (Fri) | クリスマスの絵本 | COM(2) | TB(0)
ポールのクリスマス・イブ (1979年) (アメリカ創作絵本シリーズ)ポールのクリスマス・イブ (1979年) (アメリカ創作絵本シリーズ)
(1979/11)
キャロル・キャリック

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ポールの誕生日はクリスマスイブ。友達がクリスマスをワクワクしながら待ち望んでいる中、ポールの誕生日はちょっぴり色あせて感じてしまいます。お母さんはポールが生まれてきてくれたことが何よりのクリスマスプレゼントだったと言ってくれるのですが、ポールの気持ちは晴れません。誕生日パーティーを開いても、友達が来てくれるか、誕生日をお祝いしてくれるか心配だったのです。そんなある日、友達たちのうちに手紙が届きます。「宇宙からやってくる人に会おう。クリスマスイブのとびきりすてきな誕生日パーティーにきてください」という内容に友達たちはワクワク。ポールの心配をよそに誕生日パーティーにはみんなが来てくれ、ポールのためにお祝いしてくれました。そして、宇宙からやってきたのは…サンタさん。ポールの誕生日に駆けつけてくれたのです。友達とポールにプレゼントもくれました。その晩、ポールは誕生日のことを考えていました。なぜなら、今年のクリスマスイブはサンタクロースが2回もやってきてくれることになったのですから。クリスマスイブに生まれた子供に贈るお話。誕生日パーティーにサンタさんが来てくれて、一緒にお祝いしてくれるなんてとても素敵です。イベントと誕生日が重なるとちょっぴり寂しい気分になりますが、2倍楽しめる、人とは違う特別な日…と考えてもらえるおはなしになっています。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日はクリスマスイブ。

子供たちへ贈られるサンタさんのプレゼントはなんでしょう。

娘は小学校5年生。

息子は小学校3年生。

サンタさんの存在にちょっぴり疑い始めています。

今日も「サンタはじいじか?」とじいじに向かって言っていた息子。。。

私はそんな疑問を持ち始めた子供たちには、サンタを信じる人にだけサンタさんはプレゼントをくれるんだよ、と伝えています。

たとえ、友達のうちにくるサンタがパパであっても、我が家ではサンタを信じる人にだけサンタは存在すると貫こうと思っています。

たとえば、それは大人になったら見えなくなってしまう妖精のように。

たとえば、それは幽霊が見える人と見えない人がいるように。

存在を信じている人にだけ存在する存在。

ピュアな思いを持っているものだけが見える存在。

いつか見えなくなる日がくるかもしれないけど、それは大人になったこと。。。と伝えたいと思います。


今はまだ、半信半疑の子供たちにちょっぴり夢を持たせてあげたいと思っています。

だから、今夜は寝ないで、夜を待つつもり。。。。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


クリスマスプレゼント用の靴下を渡したら、「これには入らない!!」と豪語した子供たち。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイちょっぴりずうずうしいのではありません????☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。