09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-20 (Sat) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
おでんさむらい ちくわのまきおでんさむらい ちくわのまき
(2008/10)
内田 麟太郎

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


おでんさむらいシリーズのちくわのまき。ちょっと変わった侍のひらたおでんと、お供のかぶとむしのかぶへいがおでんを食べていると、子供の名前を叫びながらかけてくる女がいました。どうやら、子供をさらわれた様子。しくしくしくと子供の泣く声がするものの、子供の姿も怪しいものもどこにもいません。ちょっとあたりが眩しいだけです。どうやら、妖怪が姿隠しの術を使っているようです。そこで、おでんざむらいとかぶへいがちくわを目に当てると、そこには…! なんと嘆き女の顔と般若の顔を二つ持つ妖怪と、さらわれた子供の姿が。そこでおでんざむらいは鮮やかな刀さばきで…。続きは絵本を読んでのお楽しみです。
おでんざむらいとかぶへいというふざけたキャラクターにもかかわらず、物語には義理と人情が散りばめてある時代劇に仕上がっています。嘆き女を許すおでんざむらいのかっこいいこと。最後のページには微笑ましいエピソードも添えられています。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

昨日、子供たちと待望の「ハリーポッターと死の秘宝PART1」を観に行ってきました。

詳細はメインブログ「京女のハマリゴト」にて綴っています。

その前日、木曜日の話。

息子たち、3年生の学習発表会があったので、学校に観に行ってきました。

息子に「何するの? 劇?」と聞いても

「ナイショ!!(* ̄▼ ̄*) デヘヘ」と言って、教えてくれなかったので、楽しみに出かけました。

内容は、朝鮮の昔話。3人の兄弟が父が残してくれたもので成功を収めるという話を劇とナレーション、最後に楽器演奏を交えて発表してくれました。

ただ、私の時代なら、一つの役には一人が配役されていたのですが、息子の発表会では3年生全員が出演するため、

シーンごとに役を演じる人がコロコロ変わります。

男の子役なのに、女の子が演じていたり。

息子はナレーションなんですが、ナレーターも30人くらいいて、みんな一言ずつ言うだけ。

それはそれで、わが子の出演が必ずあり、親にとってはうれしいのですが…。

きっと子供たちが長いセリフを覚えたりするのは大変だったり、

みんなが何かの役を務めることで団結力が出たりするのはわかるのですが、

もう少しブチブチ感をなんとかしてほしかったな~。

「みんなで一緒に」感が強すぎて、なんだかな~という思いでした。

それに比べれば、幼稚園の発表会は、1クラスに4~5つの演目を企画し、それぞれ個々が役を演じるという感じでした。

たぶん、幼稚園の先生は一度に何個もの劇を指導しなくてはならず、とても大変だっと思いますが、

お話の流れや役の一貫性では幼稚園の方が見ごたえはありました。

今、小学校では授業時間も制限されていて、そんな余裕はないんだろうな。。。

ゆとり教育と言われていたけど、何がゆとりなんだろう…と思います。

息子は息子で頑張ってくれたので、それはそれで◎。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


発表会前に、いきなり息子の名前が呼ばれてびっくり!! なんと書道で表彰を受けていた…。字が汚い息子が!! これまたびっくり!!☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。