01≪ 2017/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-24 (Sun) | 絵本(日本昔話) | COM(0) | TB(0)
かぐやひめ (復刊・日本の名作絵本)かぐやひめ (復刊・日本の名作絵本)
(2002/04)
円地 文子

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら6歳~
自分で読むなら小学校低学年~


日本最古と言われる「竹取物語」。古典文学としても奥深く、子供たちに読み聞かせる童話としても最も長く親しまれている作品です。子供のいない老夫婦が竹から生まれた美しい姫を授かり、急成長するという設定は、桃太郎や力太郎など日本の民話によく見られる設定。ただ、鬼や怪物を退治するという男の子ならではの展開ではなく、姫への求婚者に対して無理難題を与えたり、月へ帰るという羽衣伝説のような展開は、神聖ではかなく、切なさも多分に含んでいます。この絵本は、省略したり、誇張することもなく、古典の「竹取物語」を子供に分かりやすく忠実に表現されています。五人の求婚者のエピソードも読みごたえがあります。また、絵は上村松園賞を受賞された秋野不矩さんの作品。美しい日本画がかぐや姫の世界をより情緒的に印象づけてくれます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

娘が塾で受けていた模試の結果を見せてくれた。

が…

とんでもない成績だった。

算数が…かなりヤバい。。。

ヤバいどころではない、危険なことになっている。

どうやら、塾に行っているだけで、あるいは模試を受けているだけで

勉強ができるようになる…と勘違いしていたようです。

「行くだけでは、勉強したことにはならないよ」

「模試を受けても頭がよくなるわけではないよ」

「模試を受けて、間違えたところを何度もやって、わからなかったら先生に聞いて、

わかるようになるのが勉強だよ」

たぶん、わかってはいると思うのだけど、やり直すことに慣れていない娘。

どうしてもやり直し(復習)することができません。

ん~、このままではかなりヤバいので、これから特訓せねば~!!

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子も来年は塾に行きたいらしい。その意欲は買うけど、我が家のお金がついていかないよ~☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。