09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-27 (Mon) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
ヘンリーのごじまんは… (児童図書館・絵本の部屋)ヘンリーのごじまんは… (児童図書館・絵本の部屋)
(1996/10)
メアリー ホフマン

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:感動
読んであげるなら5歳から
自分で読むなら小学校低学年~


ヘンリーは新しい学校に入ってから、とても気になるグループがあります。すごくオシャレなスキッフ、コンピューター博士のプロフ、スポーツ万能なダニエル、喧嘩が強いジェイク、みんなクールでタフでかっこいい4人です。ヘンリーはそのグループの仲間に入りたくてたまりません。ところが、ヘンリーは普通の男の子。ヘンリーの自慢と言えば、弟のジョージだけです。ジョージと遊ぶのが大好きなのですが、ヘンリーの憧れているイメージとはまったく違います。そんなある日、彼らとちょっぴり仲良くなることができたヘンリー。彼らが水曜日に家に遊びに来ることに。ママももちろん、ちゃんと理解してくれて、ジョージを連れて出かけてくれることになっていたのですが…。当日、彼らが遊びにきてすぐに、トラブルが発生し、ヘンリーたちはジョージの世話をするはめに。赤ちゃんの世話なんて嫌だと思われると思っていたヘンリーですが、みんなとても楽しく赤ちゃんと遊んでくれます。今まで、自分だけの心の中で自慢だったジョージのことが、ほんとうの自慢になったヘンリー。ともだちの目を意識しはじめた年頃の子供たちに読んであげたい一冊です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


昨日、やっと娘が合宿から帰ってきました。

学校で行われた解散式では、先生が涙するシーンもあり、ちょっぴり感動。

大きなリュックを持ち、疲れ果てた顔をした子供たち。

それでも、目の中にキラキラと光るものをたたえ、いろいろな経験と体験をしたことがうかがえました。

「解散」の号令とともに、一斉に母親たちのもとへ走ってくる子供たち。

はて? 娘は????

およ?およ?娘がいない…。

あれ? あれ? ほんとにいない???

どこ~?????

いろいろ探していたら、娘は私のもとへやって来ず、なんと鶏小屋へ直行していた。

今年、娘は飼育係で金管バンドの活動よりも、習い事のことよりも、大好きな読書よりも、

飼育係に夢中!!

特に、鶏のジャックが死んだ時は1日中暗い顔をしていたほど。。。。

それでも、4泊5日も合宿に行って、恋しかったのは私ではなく、鶏とは…。

トホホだわ…。

いや、親離れをしはじめた成長ととった方がいいのかな?

帰り道、学校の企画でサプライズで書いた「私から娘への手紙」の話になって、

「みんなお母さんからの手紙を読んで、ワンワン泣いていたよ。

私も泣いた」と言っていた娘。

小さい頃は「泣いたよ~」と大きな声で言っていた娘が、うつむいてちょっぴり恥ずかしそうに口元だけ緩めて

「泣いた」といった表情がとても可愛くみえた。

あぁ、こうして、いろいろな経験を積んで、子供って大人になっていくんだな~と思う。

ほんの少しの成長がうれしく、ちょっぴり切なくなった1日でした。。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


夕ご飯の時になってようやく、緊張がほぐれたのか、いろいろと話し始めてくれた娘。楽しい思い出をいっぱい作れてよかったね。泣いた話もまた聞かせて欲しいな☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。