10≪ 2017/03 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-22 (Sun) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
3ぷんもまてないよ! (クローバーえほんシリーズ)3ぷんもまてないよ! (クローバーえほんシリーズ)
(2010/04)
土屋 富士夫

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


TVの画面でおじさんが宣伝しているのは、新発売のカップおはなし“やさしいワニくん”。
お湯を注いで3分待つと、お話が始まるみたいです。
ひでくんは、3分を待ち切れず、カップのふたを開けてしまいました。すると、出てきたのは、不機嫌そうなワニ。なんと、早く起こされるのが嫌なワニは、“やさしいワニくん”にはならず、“こわいワニくん”になって怖いお話をすることに決めてしまいます。一度始まると3分間お話は止められないカップおはなし。ひでくんは慌てて逃げます。お母さんに助けを求めても、振り向いたお母さんの顔はワニ!廊下はジャングルに変わり、川を泳いでワニがぐんぐんやってきます。トイレに逃げ込んでも便器がワニ!ベッドにもぐりこんだら、なんとそこはワニのお腹の中。ワニのお腹からなんとか飛び出したひでくんは、お話が終わっていることに気が付きます。するとそこへ現れたのが、TVに出ていたおじさん。「ご迷惑をかけたおわびに」と言ってひでくんにくれたのが、“スーパーやさしいワニくんとなかまたち”のカップおはなし。ひでくんは早速お湯を注ぎに行こうとしますが、ひでくんの後ろには…。
楽しくて、面白いお話なのですが、最後のページは「え!?」と背筋が凍るような展開に。
何が本当で何がお話の世界?と読者もカップおはなしの世界に引き込まれます。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


夏休み中、子供と一緒に「トイストーリー」を観に行ってきました。

子供が大きくなって、おもちゃとの別れが訪れる。

いつも一緒に寝ていたぬいぐるみ、どこへいくにも一緒だった人形、そばに置いてあるだけで安心していたおもちゃ。

でも大人になり、不要となった時…。

人はいらないと簡単に捨てているのですが、おもちゃの気持ちはとても悲しいもの。

自分はあの子にとって特別なものだったはずなのに、

いつも一緒だったのに、

捨てられてしまうの? もういらないの?

おもちゃたちの叫びに

不覚にも泣いてしまった私。

娘や息子にいつも部屋の片づけをしなさいと言って、「これはいる?」「これは捨ててもいい?」とゴミ袋を片手におもちゃをどんどん捨てていました。

「あ~、それまだ遊べるのに」という子供の言葉を聞いても

「でも、最近遊んでないよね」と言って、納得させて捨ててました。

自分が小さい頃に遊んでいた大切なぬいぐるみもつい最近、捨ててしまったばかり。

うさぎとたぬきのぬいぐるみは、共働きの両親に代わって、私の寂しさを紛らわせてくれた大切なものだったのに。。。。

きっと、彼(彼女)たちも映画のおもちゃのように、さびしくて悲しかったのかしら。。。。

そう思うと胸が苦しくなってしまいました。

映画の最後はとても心あたたまる結末に。

私もそうすれば良かったととても後悔しました。

せめて、子供たちのおもちゃは映画のラストシーンのようにおもちゃたちも満足できるようにしたいです。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子もトイストーリー3を見てウルウルしてました。感激屋だな~。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。