04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-02 (Fri) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
きみがうちにくるまえ…きみがうちにくるまえ…
(2007/12)
マリベス ボルツ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:感動
読んであげるなら5歳から
自分で読むなら小学校低学年~


男の子が子犬に話しかけます。「ねえ、きみがうちに来る前、あったかい家に住んでいたの?」「公園で一緒にかけっこした?」子犬は以前、誰かが手放し、路上で保護された犬。愛する子犬がどうして保護される運命になったのか、男の子は気になります。いたずらしちゃったから? いじめられたの? 引越しする先が犬を飼えなかったの? それとも、迷子になったのかな? 男の子にも以前、大好きな犬がいました。年をとって死を迎えた日は、家族みんなで別れを悲しみました。犬を飼うというのは、家族のように愛情を注がなくてはなりません。「犬が飼いたくなったら、保護された犬たちのいる施設へ行ってください」と最後に訳者が綴っています。ペットショップでモノを買うように選ぶのではなく、出会いを見つけてという想い。処分される前の命を少しでも救ってあげてという想いが伝わってくる絵本です。
我が家の子供たちも犬がとても飼いたいようです。可愛がるだけではダメなことを、この絵本はさりげなく教え、命の大切さが伝わってきたようです。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


先月から娘は塾に通っています。

3年生からだんだん算数が苦手になってきた娘。公文には通っていたものの、公文は計算中心なので、3年生から難しくなる図形や単位の問題に対応するのが困難になっていました。

4年生から本当に算数が嫌いになり、何度も担任の先生に相談もしていたのですが、

担任の先生も忙しいらしく、補習まではしていただけませんでした。。

娘もわからないところを質問するにしても、何がわからないかすらわからない状態で

宿題を教えることで1時間や2時間を費やしていました。

でも、やっぱり親が教えるのには限界があって、子供も甘えが出るし、親もイライラ…。

というわけで塾に通うことになったのです。。。

今、通っているのは、受験コースではなく、学校の補強的なコース。

入塾テストに辛うじて合格できたところです。

これからゆとり教育が見直され、5年生になる娘にとってはかなり厳しい年になりそうな予感。。。

なんとか、今年は学校&塾&家庭の3本柱で娘の算数嫌いを克服したいなぁと考えています。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


ちなみに、息子は算数大好き。問題を出しても娘よりも先に答えてしまい、娘の自信を喪失させている…☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。