07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-27 (Sun) | クリスマスの絵本 | COM(0) | TB(0)
とんがとぴんがのプレゼント (日本傑作絵本シリーズ)とんがとぴんがのプレゼント (日本傑作絵本シリーズ)
(2008/10)
西内 ミナミ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


大好きなスズキコージさんの絵本。今回はお話が西内さんのものだったので、スズキさんならではのシュールな展開ではありません。
北の国の山奥に、はりねずみのとんがとぴんがという夫婦とニコラスおじいさんが暮らしていました。クリスマスイブの日、ニコラスおじいさんは世界中の人にプレゼントを配るのに、自分の靴下には穴が。それを見たとんがとぴんがは、来年のクリスマスに赤い靴下をプレゼントしようと計画します。
春に牧場を訪れて、羊の毛をもらい、次に毛糸つむぎのツムさんのところへ行って、毛糸を紡いでもらい、染物屋に行って真っ赤に染めてもらいました。もちろん、それぞれのところでとんがとぴんがはしてもらう分、働いて。
そして、アミアミ株式会社に行き、働く代わりに靴下を編んで欲しいと頼むと…、編み物工場の社長さんに断られてしまいました。もうすっかり、冬になり、クリスマスが近いというのに、とんがとぴんがは途方にくれてしまいます。すると…。続きは絵本を読んでのおたのしみ。
クリスマスプレゼントを1年かけて、自分たちが一生懸命働いて、創りあげるというとっても素敵なお話。長い期間、相手のことを想い、創るプレゼントは、相手の心をも感動させてくれます。ニコラスおじいさんが喜んだのは言うまでもありません。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今年も我が家にはサンタさんがやってきてくれました。

娘にはバレエのレオタードを、息子には手品セットをプレゼントしてくれました。

息子はちゃんとサンタさんのことを信じていて、寝る前にはクッキーと「ようこそおこしくださいました。クッキーをどうぞ」という手紙まで枕元に用意していたほど。

小学校4年生になる娘はちょっぴり半信半疑。

プレゼントをうれしそうに見せながら、「サンタってママか?」と聞いてきた。

なので

「サンタは「いる」と信じている子供にだけプレゼントをくれるんだよ。

存在を認めているものにしか見えないものってあるでしょ。

例えば、妖精とか魔法使いとか、幽霊とか。。。

だから、サンタさんを信じなくなるのもいいけど、信じなくなったらプレゼントはもらえないし、おうちにも来てくれないよ。そのかわり、それはあなたがちょっと大人になったことでもあるけどね」

と伝えました。

ちなみに、娘はサンタについては半信半疑ですが、「ホグワーツ」は信じてます。来年はハリー・ポッターと同じようにホグワーツへの入学許可証が届くと信じてます(*≧m≦*)

こちらは、23日に娘が友達と作ったケーキ。

クリスマスケーキ

すごく凝ったデコレーションでした。味も◎。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


なかなか更新できなくて、ハッと気がついたらクリスマスが過ぎてました。来年こそもうすこし更新できるように頑張ります☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。