09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-19 (Thu) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
なきすぎてはいけない (えほんのぼうけん3) (えほんのぼうけん 3)なきすぎてはいけない (えほんのぼうけん3) (えほんのぼうけん 3)
(2009/05/21)
内田 麟太郎

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:感動
読んであげるなら5歳から
自分で読むなら小学校低学年~


愛しい孫へ贈る祖父からのメッセージ。小さな孫と一緒に過ごした日々。おじいちゃんにとっても、男の子にとってもふたりは大切な存在。見守り続けたいけど、いつかは別れが訪れる。自分の死を知れば、きっと孫は悲しむだろう。泣いてもいい。だけど、泣きすぎてはいけない。忘れたくても忘れられない思い出を残し、時は静かに心を癒してくれる。そして、いつか、孫が大人になって、自分と同じように年をとった時に、命が受け継がれていくことに気がつくはず。亡くなったものは誰でも生きているものの幸せを願っている。内田麟太郎さんの心に響く絵本です。亡くなったおじいちゃんを悲しむ絵本は多いですが、こちらは天から聞こえてくる優しいメッセージを綴った内容。読むたびに涙があふれ、でも心がジーンとあたたかくなるようなお話です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日、母の命日だったので、この絵本を子供たちと読みました。

娘も息子も母(子供たちにとっては祖母)のことを想い、

また、今とても大好きなじいじのことについても想いをめぐらしたよう。。。

大切な人の死について描かれている素敵な絵本を見つけられて、良かったです。


さて、さて、

今日は、絵本の読み聞かせで小学校に行ってきました。

最近、新型インフルエンザのせいで、学級閉鎖が相次いでいる学校。

9月を過ぎてから、当日中止になったり、練習も行けなかったりして、延び延びになっていたのが

やっと再開できました。

子供たちも待っていてくれたのか、たくさん図書館に集まってくれてとても良かったデス。

※ちなみに息子にはちゃんと来てね、と言っていたのに、恥ずかしがって来てくれませんでした( ̄Д ̄;;

今日読んだ絵本は

山んばあさんとむじな山んばあさんとむじな
(1996/10)
いとう じゅんいち

商品詳細を見る


とても面白い絵本です!!

私はナレーターを担当したのですが、山んばあさん役のメンバーがとても上手で臨場感たっぷりの読み聞かせになりました。

もう一冊は

せっけんつるりん (ファミリーえほん 13)せっけんつるりん (ファミリーえほん 13)
(1978/09/01)
今井 弓子

商品詳細を見る


幼稚園の子供でも楽しめる内容のほのぼの絵本。

小さな男の子がつるつるすべるせっけんをおいかけていくお話です。


12月には何を選書するのか楽しみです。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


最近、夜の読み聞かせタイムが減ってきている我が家。なんとか続けなくちゃ!!☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。