10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-08 (Wed) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
ヘンリー・ブラウンの誕生日ヘンリー・ブラウンの誕生日
(2008/12)
エレン レヴァイン

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:感動
読んであげるなら小学校低学年
自分で読むなら小学校中学年~


舞台は1800年代の中頃のアメリカ。奴隷制度がはびこっていた時代に、自由を手にするため、北部へと逃げることができたヘンリーのお話です。
当時の奴隷は、家具や家畜と同じあつかいを受けていました。物のように売買され、誕生日もなく、仕事先では家畜のように棒でたたかれる。幼かったヘンリーはやがて成長し、妻子を持つように。わずかながら、ヘンリーにとって至福のひととき。でも、ある日、ナンシーの主人がお金に困り、妻と子供たちをヘンリーの気持ちに関係なく売ってしまいます。売られた奴隷は二度と会えない。ささやかな幸せすら奪われたヘンリーは、奴隷制に反対する組織「地下鉄道」に頼って、自由を得るため北部フィラデルフィアへ決死の脱出を企てます。そしてとうとうヘンリーが自由になった日、1849年3月30日は彼の記念すべき誕生日となったのです。陰影を活かした臨場感あふれるイラストはドラマティックに物語を彩り、読者に感動を与えてくれます。黒人たちが奴隷という身分から自由を勝ち取り、差別を経て、第44代大統領の誕生に。その長い歴史の幕開けを描いた物語として読んでも感慨深いです。子供にもわかりやすく、テンポ良く描かれています。親子で楽しめる一冊。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

ブログ更新をずっとサボっていました。( ̄Д ̄;;

ハッと気がつくと…1週間以上も過ぎていました。

ほんとうはいろいろ書きとめておきたいことがあったのに、日々の忙しさが邪魔をして、

なかなか更新に至りませんでした。とっても反省…。


さて、子供たちは始業式を迎え、新しい学年への期待感で胸を膨らませています。

娘は4年生になり、新しいクラス、新しい友達、新しい担任の先生。

仲良しのともだちと一緒のクラスになれて、毎日遊びまくっています。(ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 勉強は大丈夫かい?)

最近では、洋服の好みも言い出してきたり、口応えをするようになったり、何だかちょっぴり思春期に近づいた?と思うこともちらほら。

ん~、生意気盛りな娘です。


一方、息子はクラス持ち上がりで2年生に。

慣れ親しんだクラスはやっぱり落ち着くようで、1年生の頃から仲良しのお友達と遊んでいます。

担任の先生も1年生と同じなので、息子以上に私も安心。

それにしても、2年生になったというのに、ちっとも赤ちゃんくささが抜けない息子。

いまだに「一緒に寝て」と言ってくる甘えたさんです。

まぁ、いつかは離れていくから、今はいいとしよう。


読み聞かせボランティアも新しい仲間が入ってくれると嬉しいな。

4月はちょっとお休みで、5月から活動をスタートするみたいです。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


春休み気分が抜けていない息子。朝もなかなか起きてくれなくて…。ちょっぴり大変な新学期です。。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。