09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-19 (Thu) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
うえきばちですうえきばちです
(2007/09)
川端 誠

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:シュール
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


図書館の司書の方に「何か印象的な絵本を紹介して欲しい」と頼んだら、この絵本を紹介してくれました。表紙はただの植木鉢。だけど、だけど、中身はとってもシュールで強烈なインパクト。頭をガーンと殴られたような衝撃と、ホラー的な要素も含むユニークな絵本です。お話の内容は、植木鉢があったので、土を入れて植えたのは、なんと“のっぺらぼう”。毎日、水をやっていたら、めが出ました。ここの場面のイラストは、芽ではなく、目が出現した顔。そして、はがでました。この場面は葉ではなく、歯。はなが咲きました。ここでは、花ではなく鼻。ここで終わりではありません。耳や毛までうまく言葉遊びを交えながら、お話が進みます。何より、描かれているイラストが可愛いというより、不気味。息子はあまりの怖さに布団をかぶってしまったぐらいです。それでも、またページをめくってしまうのは、怖いものみたさでしょうか? とにかく、強烈にインパクトがあり、ちょっぴり怖くて、とっても面白い一冊です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は、この1年最後の読み聞かせがありました。

最後の読み聞かせに行ったのは、「カレーライスがにげだした」という紙芝居と「北風と太陽」のエプロンシアター。

ここ数日、仕事が立て込んでいて、なかなか練習に参加できなかった私はぶっつけ本番。

「カレーライスがにげだした」のちょっとずるがしこいキツネのおじさん役を務めました。

「北風と太陽」では一人がエプロンシアターし、ほかのメンバーがナレーションや北風や太陽の声を担当。

メンバーの一人が「風の音」のCDを持参してくれたり、太陽の光を演出するために、ライトを持ってきてくれたので、効果音&効果ライトを加えながらの迫力あるエプロンシアターができました。

1年生たちも「最後」ということで、結構、集まってくれて大成功でした。

残念なのは、図書担当の2人の先生が今年、定年退職になるのと、学校を移られること。

読み聞かせのボランティアに協力的だった先生だけに、去られるのがとても辛いです。

新しく担当される先生も協力的な方だったらいいのにな。。。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


今回は、息子だけでなく、3年生の娘も見に来てくれたのがとても嬉しかったぞい。息子のともだちもいっぱい来てくれて、「ありがとう」って気持ちです。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。