03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-10 (Tue) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
チョコレータひめチョコレータひめ
(2008/10)
もとした いづみ樋上 公実子

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校中学年~


あるところに甘いお菓子の大好きなお姫様がいました。名前をチョコレータルトタタンババロアクッキーゼリー…。あまりに名前が長いのでチョコレータひめと呼ばれていました。お城には何人もの菓子職人たちが遣え、毎日チョコレータひめの前にはたくさんのお菓子が並びます。そんなある日、風変わりな男がやってきて、手に触れるものがすべてお菓子に変わるという魔法のチョコレートを姫に授けます。以来、チョコレータひめの手に触れるものはすべて甘いお菓子に変わり、夢のような毎日に。でも、それはいいことばかりではありませんでした。チョコレータひめの大好きな青年カカオに触れた途端、カカオもチョコレートになってしまったのです。カカオをもとの姿に戻すにはどうしたらいいの…と悩むひめにうさぎのパックがヒントをくれます。「口に含むと魔法もとける。同じ名前木の名前。大きなおうちのそのなかに子供たちが眠っている」。
さて、そのなぞなぞの答えは…絵本を読んでのお楽しみです。
愛する人を助ける姫のお話なんて、ちょっぴりロマンティックです。チョコレートひめと青年カカオの恋物語と甘いスイートがたくさん出てくるお話は、バレンタインデーにオススメの絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

もうすぐバレンタインデー。

娘は先日、スーパーで手作りチョコレートの材料を要求し、明日、チョコレート菓子を手作りするみたいです。

作り方は、チョコレートを溶かし、生クリームを加え、マシュマロとコーンフレークを混ぜて、冷やすという簡単なもの。

誰に作るの~???? ヽ(´ー`)ノと聞くと、

「弟とパパとじいじ」と娘。

「え!? 好きな人にあげるんじゃないの?」と聞くと

「そんなんいない」

そんなんって…。小3なのに、好きな人いないのか? ほんまか? ママはいたぞ~!!!

1年生の頃はA君が好きとか言っていたのに、最近は「男子なんてうるさいだけ」なんて言う娘。

胸がキューンとするのはいつ訪れるのかな~?

あ、パパには内緒にしておこうっと。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


娘にとってあげたい人は家族以外では、ともだちなんだって。今は義理チョコ以外にも友チョコなんかもあって、結構がかかります…☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。