09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-14 (Tue) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)
(1984/01)
林 明子

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~


小さな女の子・なほちゃんが大きい子たちと一緒に初めてキャンプに行くことになりました。最初、大きい子たちに反対されたなほちゃんですが、「重い荷物を自分で持つ」「絶対泣かない」「ごはんを炊くまきも集める」「くらくなっても怖がらない」「夜、ひとりでおしっこに行く」と約束し、連れて行ってもらうことに。キャンプ場までなほちゃんは重い荷物をちゃんと自分で運び、川でころんでも泣かず、大きな子もびっくりするぐらい立派なまきも集めます。小さいけれど、小さいなりに頑張るなほちゃんに、最初は煙たがっていた大きな子もだんだんなほちゃんを認めるように。そして、夜。おしっこに行きたくなったなほちゃんは、やっぱり心細くておばさんを起こそうとしますが…。
大きな子供たちに交じって、初めてキャンプで一夜を過ごすワクワクした気持ちや不安、勇気が爽やかに心あたたまる物語に仕上がっている作品。おばさんの甘えを許さず、でも温かく見守る姿勢は“大人らしさ”を感じさせてくれます。林明子さんの可愛らしい絵とほのぼのとしたストーリーは子供の心にキュンときます。本は厚めなのですが、文字がとても少ないのでスラッと読めるはず。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

昨日、娘と息子はじいじと一緒に山登りに行ってきました。

私は仕事がまだ片付かなかったので、家で原稿書きとお留守番。

一昨日、区民運動会に参加して、ちょっと体力的に大丈夫かな~と心配だったので、

じいじには、「下山したら携帯で連絡をちょうだいね。もし、4時30分過ぎても連絡なかったら、遭難したと思うから…」と告げて、登山口で見送った私。

みんないないから仕事はかどるや~…なんて思っていたら、大間違いだった。。。

お昼ごろには「ちゃんとご飯食べたかな?」

「蜂に刺されたりしていないだろうか?」

「じいじが怪我とかしていないかな?」

何だ、かんだと気になって、なかなか集中できない。。。

すると、2時過ぎにメールが。。。

「あと、30分ほどで下山。迎えに来て」と。。。

ホッとする反面、仕事が何にもはかどっていないことに愕然。。。

山登りをした子供たちは元気いっぱいだったそう。

息子はサルのように飛び跳ね、

一方の娘はのぼりはスイスイ、くだりは怖くて泣いていたのだとか。。。

連休中、いっぱいいっぱい遊んだ子供たちなのでありました。。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


今日から新学期。娘の担任の先生も新しい先生に。思っていた以上に優しくて、ニコニコした先生だったので、娘も私も一安心。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。