06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-28 (Sun) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
ああ いそがしい いそがしい! (児童図書館・絵本の部屋)ああ いそがしい いそがしい! (児童図書館・絵本の部屋)
(1993/10)
ジョナサン シップトンマイケル フォアマン

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


とってもいいお天気なのに、ママは朝からゴキゲン斜め。掃除、洗濯、食事の用意とバタバタ忙しそうです。絵本からは音は出ないのですが、掃除機をかける音やカチャカチャと洗い物をする音、ママの「ああいそがしい、いそがしい」と叫ぶ声が聞こえてきそう。きっと「ぼく」も自分の部屋でそんな音や声を耳にしていたに違いありません。ところが、突然、音がやんで…。台所の戸の隙間からのぞいたぼくが見たものは…。
忙し過ぎて、失敗しちゃって、悔しくて、切なくてポロリ…。そんな経験、ママなら誰でもあるのでは?
そんな時に、無邪気な優しさで慰めてくれる子どもたち。その優しさに心のとげが取れ、じんわり暖かい気持ちに包まれる瞬間。子どもってほんとに愛おしい存在です。
忙しい忙しいと叫んでいるお母さんたちに読んで欲しい一冊です。きっと、きっと、ギスギスしていた心がちょっぴり癒されるはず。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


土曜日から旦那の実家の香川へ帰省していました。

いつもはマイカーで帰省するのですが、今回は、初めて高速バスを使っての帰省。

子供たちも初めてのバス小旅行にウキウキでした。。。

が…。

発車して約5分後。

ガシャンと嫌~な音が。。。

運転手さんが街灯のポールにバスをぶつけて、左側のガラスやライトが割れて、バスの運行が不可能に…。

子供たちが「バス、ぶつかった!! ママ、どうしよう…。香川行けへんの~???」と不安そう。

結局、壊れたバスを降りて、次のバスに乗ることに。

1時間遅れで、バスは香川に到着。

旦那の実家はバス降り場からとても近いので、子供たちがもう少し大きくなったら、子供だけでバス旅行もいいな~と思っていたのですが、

以前、起こったバスジャックや、今回のようなトラブルが起こる可能性も考えるとちょっと二の足を踏んでしまいます。

以前、JRのCMでお姉ちゃんと弟だけの新幹線の旅みたいなのがあって、

あぁ、こんな旅行ができたら子供たちにとっていい冒険になるな~と思っていたんです。

新幹線は無理でもバスなら大丈夫かな?と思っていたんですが、

現実はなかなか難しい。

あと、何年ぐらいしたら、そんなプチ冒険ができるようになるのかな?



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


高速バスの中にはトイレもあります。普段、市バスしか利用したことのない娘はビックリ!! 「ママ、バスにトイレがあるよ~!!」とワクワクして、う●こまでしちゃいました。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。