04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-20 (Sat) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
ぼくのともだちおつきさま (世界の絵本)ぼくのともだちおつきさま (世界の絵本)
(1999/06)
アンドレ ダーハンきたやま ようこ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心あたたまる
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


夜に出会ったおつきさまとぼく。「こんばんは」と声をかけたら、すぐふたりは仲良しに。黙っていても楽しくて、一緒にいるだけでうれしい。あっという間に時間が過ぎて、夜明け前にぼくのうちへ連れて行きます。一緒に踊ったり、食事をしたり…。うれしくてたまらない気持ちをもう一人のともだちに話して、そしてさらに出会いが広がって…。
かけがいのない友達と出会えた喜びは人生の宝物。そのうれしくて、心がワクワクする気持ちを穏やかに優しく伝えてくれる絵本です。大切な友達、大好きな人へプレゼントしたい一冊。ふんわりとした温かなイラストも魅力。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


先日、息子が帰宅するなり、「あんな~」と話し始めたこと。

「あんな~、ぼくがかえる時な、昨日。Aちゃんがな~、傘でたたかはってん。んでな~、

痛いし、やめてって言ってもやめてくれはらへんかってん。」

私「え!? そんなん昨日言ってなかったやん。ほんま?」

息子「ほんま」

私「先生に言ったん?」

息子「うん。ほしたらな、隣の組のB君とC君もAちゃんに引っ掻かれたり、しばかれたりされたはってん。んでな、今日、先生が怒らはったん」

私「先生、どこで怒らはったん?」

息子「会議室でな、怒らはった。すごく怖かった。ママよりも、パパよりも怖かった」

息子の担任の先生はいつも笑顔を絶やさないとても優しい先生。

話す言葉も静かで穏やかな先生。

その先生が私よりも怖かったとは…。よっぽど怒ったに違いない。

Aちゃんはとても人懐っこい子でおてんばな女の子。きっと悪気はなかったんだと思う。

だけど、傘は怖い。私が小さい頃、ふざけて傘でつついて、その先が目に入って失明した子がいた。。

加害者もやられた子もとても悲しい事件になる。

先生はそんな危ないことだと教えてくれたんだろう。

学校で解決したことなので、私の中では解決済みとした。

息子にもAちゃんはきっと反省してくれているよ。と伝えた。

んで、今日。先生からちゃんと報告をいただく。。。。

土曜日なのに、先生も大変だ。でも、普段は優しく、危険なことには厳しい担任の先生はとても頼れる存在。

ありがたいことです。。。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子自身があまり気にしていないのも良かった。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。