04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-18 (Thu) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
ジャックのあたらしいヨットジャックのあたらしいヨット
(2005/06)
サラ マクメナミー

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ジムおじさんが作ってくれた新しいおもちゃのヨット。ジャックは早く海に浮かべて遊びたくてたまりませんが、天候が悪くなかなか遊ぶことができません。雨がやみ、ヨットを抱えて一目散に浜辺へ駆け出すジャック。波がとても大きかったものの、気にせず浮かべてみたら…、ヨットはどんどん海のかなたへ流されていってしまいます。お気に入りのヨットはとうとう波ののまれて見えなくなってしまいました。そして…。
男の子が新しいヨットを手にいれて、遊びたくてたまらない様子がとても可愛く描かれた絵本。最後にはハッピーエンドな結末になっているのも素敵です。ポップな感じのイラストと分かりやすい話の展開なので、小さな子供でも楽しめる絵本に仕上がっています。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

算数が苦手な娘。

先日は「間の数」でつまづき、今日は「あまりのある割り算」でつまづいた。。。

宿題プリントを抱えて、台所にやってきて、小さな声で「教えて」と言う。

何? 何?と思って、問題を見ると、あまりのある割り算の計算だった。

「授業中にな、わからなくて泣いてん」というほど、娘は落胆している。

とりあえず、「あまり」が何なのか教えることから始めてみた。

家にあるロールパンを使い、テーブルの上に6個置く。

私「ママとあんたと弟でロールパンを分けたら、一人いくつずつ?」

娘「2つずつ。」

私「そう。6÷3やんな。じゃぁ、じいじがやってきました。一人いくつ?」

娘「1個」

私「そう。一人一個ずつ。あまっているのは何個?」

娘「2つ」

私「そう。だから6÷4=1…2やねん。わかる?」

娘「うん。」

ちょっぴり自信を取り戻して、プリントをやり始める娘。ところが4番目の問題でえんぴつが動かない。

ん?どうした?と思ってみてみると、

「2÷5」の問題。

「2÷5? ん? これって分数? ん?」私も頭の中がこんがらがってくる。

答えは何だ?0か?いや、違う。2/5だろ?あれ、あれ?そんな問題、まだ習っていないみたい。

娘もどんどん落ち込んできたので、先生に電話して確認すると、


先生のミスだった。ホッ。

どんどん進む小学校の算数。おちおちしていたら、娘だけでなく、私までもが置いてかれそうだ。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


私と同じで算数が苦手な娘。失敗やわからないことは決してマイナスではないよ。わからないからこそ、分かるまで勉強するのが大切なんだよ、と今日は伝えてみた。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。