04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-12-19 (Mon) | クリスマスの絵本 | COM(4) | TB(2)
マドレーヌのクリスマス

おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~



人気の「マドレーヌ」シリーズのクリスマス編。
パリの古い屋敷に12人の女の子が住んでいました。その中で一番おちびさんで、勇敢な少女がマドレーヌ。
ところが、クリスマスイブの夜、マドレーヌ以外の人たち(ねずみさんまで)全員が風邪で寝込んでしまいます。マドレーヌが皆の世話や家事をひとりでテキパキとこなしていると、じゅうたん商人がやってきて…。しかも、この商人はなんと、魔術師! マドレーヌと少女たちにどんなクリスマスが訪れるかは、絵本を読んでのお楽しみです。
また、クリスマスにはサンタが常識とされている中で、この絵本にはサンタが登場しません。サンタの代わりに魔術師なのでしょう。
それでも、やっぱりクリスマスらしい、心温まるお話になっているのが魅力です。

このマドレーヌシリーズはパリを舞台とし、絵本の中にもパリの有名なスポットが背景にたくさん描かれていることでも有名です。マドレーヌの愉快な物語と同時にパリの風景を堪能できるのも、この絵本の醍醐味です。

プレゼントにも最適ですね。


ちょっとわき道

パリを訪れたのは、もうかれこれ10年以上も前。

仲良しの女友達3人のチープな旅行でした。

中でもパリは食べ物やショッピングを楽しむわけでもなく、ただひたすら観光ばかりしていました。ルーブル美術館やエッフェル塔、ノートルダム寺院等など…。ランチはフレンチスタイルのマックで済ませたり、パンと果物を公園で食べたり…(あ~貧乏旅行!!)

帰国の飛行機の中で、「もっと美味しいもの食べればよかったね」なんて話した思い出が深く残っています。

マドレーヌの絵本を読むと、そんなパリ旅行を思い出します。

ちょっぴり悔しくて、すっごく楽しかったことを。。。。

あぁ、また行きたくなっちゃったな。。。

書評も書いてます↓


詳しくは↓


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー



















管理者にだけ表示を許可する

クリスマスの絵本・その6(夢と元気)
 すぐそこまで、クリスマスが来てますね。日本各地の大雪に、北の国から遥々やってくるサンタクロース&トナカイたちも、びっくりするでしょね。関東地方へ来る際は、深夜の強風で橇ごと飛ばされないようにと、心配しています。 さて、今年のクリスマス絵本の最後は、↓  …
2005/12/20 16:12  my favorite things
マドレーヌのクリスマス
マドレーヌのクリスマスルドウィッヒ・ベーメルマンス/作 江國香織/訳  BL出版   元気いっぱいの女の子、その名はマドレーヌ。 ぼくが初めてマドレーヌを知ったのは、もういまから三〇年以上も昔のことです。作者のベーメルマンスさんがシリーズ最初の作品「げん …
2005/12/21 12:33  わくわく本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。