03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-19 (Tue) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
森のいのち森のいのち
(2006/06/02)
小寺 卓矢

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:感動
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~


美しい森の風景と命の紡がれる様子を写真で紹介している絵本。
静まり返った森に朝もやがたちこめる。深い森へと続く一本の道。鹿の鳴声、リスのクルミをかじる音。動物たちの目覚めの音が聞こえ始め、森に朝がやってくる。水の音、風のそよぐ音…ページをめくるたび、まるで自分自身が森を歩いているような気分にさせてくれる。深い深い緑と迫力ある森の息吹は、日々の喧騒に疲れた気持ちを癒してくれるよう。
そして、木々は枯れ、命が終わり、また、新たな命が芽生えている様子。森を見つめていた視点が、急にマクロになり、一つひとつの命へとピントが合わせられる。いくつもの命がつないで、大きな森を作り上げる。そこには、自然の力が満ち、優しさすら感じられる。神秘的な森のいのちのつながりを美しい写真で描いた作品です。
心が疲れた時、子供と一緒に癒されたい時、自然のいのちを子供に触れて欲しい時にオススメの絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日まで、ディズニーシーに家族で旅行を楽しんできました。

その報告はメインブログ「京女のハマリゴト」で紹介しています。

さて、さて、もう夏休みも残りあとわずか。

1週間を切りました( ̄Д ̄;;

娘の自由研究もなんとか終わることができ、ホッとしています。

自由研究のテーマは「水の不思議」。

なかなかテーマが決まらなかったのですが、以前見た「ためしてガッテン」でやっていた過冷却のことをヒントに、ブラックでんじろうやらいろいろな科学の本を資料に、

実験を繰り返して、レポートに仕上げました。

何と言っても苦労したのは、過冷却水をつくること。

氷に塩をまいて、ゆっくり冷やすとマイナス10度でも凍らない水が作れるのですが、

これが思った以上に大変。

過冷却

ためしてガッテン風にしてみたところ。

これ、10回ほどチャレンジしてみたのですが、ま~ったく過冷却水になりません。

ちなみに、今までいろいろためしてガッテンの通りにやってみたけど、我が家では成功したためしがありません。。。。。

で、でんじろう風にやってみたら…。

3回目で大成功!!

ツンと水を刺激したら、一気に凍って、その時は私も娘も感激のあまり、ピョンピョン飛び跳ねてました。。。

それにしてもね。この実験。ほんとにものすごい量の氷を使います。

何度も何度も実験を繰り返したので、冷凍庫はフル稼働。

すぐに氷はできないから、2~3日はかかりました。。。。

あ~しんどかった。。。。。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


残る問題は息子の絵日記。ディズニーシーに行ったことを書くといっていたけど、どんなものに仕上がるか…恐怖である。。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。