03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-12-18 (Sun) | クリスマスの絵本 | COM(0) | TB(0)
ローラのクリスマス

おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~



ローラとトニーが楽しみにしていた、マルタおばさんちで過ごすクリスマス。大きなツリーやプレゼント、ワクワクした気持ちで出発したものの、車が故障してしまいパーティーには行けなくなってしまいました。
道でひろったもみの木の枝でなんとかツリーを作ったローラでしたが、飾りがありません。。。。がっかりする二人でしたが…。

お話の始めに、ローラとおほしさまのことがさりげなく描かれているのがポイントです。
ほとんどのページにキラキラ光るおほしさまが登場しています。
ピカピカ光る銀色の星は、絵本を傾けたり、電球に当てると輝きが変化するしかけにもなっています。
子供と一緒に探すのもひとつの楽しみ。
そして、最後にはアッと驚く展開が待っています。
読み聞かせの時は背表紙を見せず、表紙から一枚一枚めくっていく注意が必要です。

ちょっとわき道
星の部分がキラキラ光る材質だったり、動物の部分がフェルトやファーなどの素材が使われているなど、見て楽しい、触って楽しい「しかけ」のある絵本ってありますよね。

お話のほかにもうひとつ楽しみがプラスされているようで、私はこういう「しかけ」ある絵本が大好きです。

幼い頃に父にもらった外国の絵本もこんなしかけ絵本でした。

子供を産んでからその絵本の存在を思い出し、探してみると…

あまりにも触りすぎてボロボロになっていましたil||li _| ̄|● il||li

よっぽど気に入っていたのね。。。。。自分よ。。。。

書評も書いてます↓


詳しくは↓


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。