04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-10 (Thu) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
これがほんとの大きさ! (評論社の児童図書館・絵本の部屋)これがほんとの大きさ! (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(2008/03)
スティーブ・ジェンキンズ佐藤 見果夢

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:驚き&発見
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ゴリラの手はどれぐらいの大きさ?
ワニの口はどれぐらい大きいの?
図鑑や写真絵本では想像しずらい大きな動物たち。もちろん、等身大で絵本で表現するのも無理。でも、目だけだったり、手だけだったらその動物たちの大きさが容易に想像できます。この絵本では、鳥や魚、肉食の動物…というような種の中で一番大きな動物たちの特徴を表す一部分だけをピックアップして、ほんとうの大きさを紹介してくれています。
何より、驚くのは、最初の方に登場する体長18mもの大きなイカ・ダイオウイカ。絵本で描かれているのは、30cmの大きな目玉。目玉だけでこの大きさですから、体長は…想像するだけでビックリです。ホオジロザメは見開きで歯だけが描かれています。ギザギザの付いた歯だけでも、その恐ろしさは十分。子供と一緒に、「うわ~!! 大きい!!」を連発してください。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は小学校で絵本の読み聞かせの本番がありました。

今日読んだのは、こちら。

「せかいいちのはなし」です。実際はお話は同じなのですが絵本ではなく、ちょっと年代ものの紙芝居。

せかいいちのはなしせかいいちのはなし
(1974/12)
北 彰介

商品詳細を見る


『これがほんとの大きさ!』が現実に大きな動物たちを紹介する絵本なら、

こちらは、想像力を働かせて、どれだけ大きな動物がいるかに驚く絵本。

表紙に描かれているワシは、片方のつばさだけで畳100枚ほどの大きさ。

それだけでもビックリなのに、ワシは旅先でもっともっと大きな巨大エビに出会います。

そして、巨大エビも…。

いかに大きいかがリアルに分かる内容なので、とても楽しい。

次に読んだ絵本はおなじみの

きょだいなきょだいな

意識していなかったのに、何だか今日は“巨大”なものばかり扱う絵本になってますね~(*⌒▽⌒*)

夏休みまでの読み聞かせは今日でおしまい。

次回は9月に入ってから…ということになりました。

ちょっとメンバーに会えないのは淋しいけど、秋になったらまたいろいろ活動したいな~と想っています。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


今朝、「読み聞かせがあるから図書室に来てね」と子供たちに知らせたのに…。娘も息子も来てくれなかった…。うぅ、ショック…☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。