04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-04 (Fri) | 絵本 | COM(0) | TB(1)
スイカぼうずスイカぼうず
(2007/12)
とみた 真矢

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


スイカはスイカでも登場するのは、緑色のスイカではありません。
厳しい修行を積んできた真っ黒のスイカぼうず。自分より強いものはいないと自信満々の時に、どこからともなく声がして「修行が終わるのはひっくり返された時」と言われてしまいます。
そこで、スイカぼうずは山の主や海の主たちに闘いを挑むことに。さすが、強いスイカ!
手も足もないのに、「そりゃ~!!」と気合を入れるだけで、主たちはどんどんひっくり返されてしまいます。そして…。スイカぼうずが遂にひっくり返される日がやってくるのですが、それはとても意外なこと。
本当に強いということは、優しさや謙虚さも備えていること。そんなことをサラリと教えてくれる作品です。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

この春から娘と息子は公文をはじめた。

公文。ひたすら、計算をする。単純な計算を何度も何度も繰り返すうちに、次第と暗算ができるようになるというスタイル。

はじめた頃は、「宿題なんてか~んたん!!」と言っていたふたりだけど、

最近、学校の宿題も量が増えてきて、ちょっとアップアップしている。。。

息子は、ブツブツ文句を言いながらも、字は汚いながらもなんとかこなして、ちゃんと宿題を提出していたようだ。

一方、娘は…

なんと…

引き出しの中に50枚ほどやり忘れを隠していたΣ(゜□゜;)

しばしば、やり忘れがあったのだけど、叱ったり、褒めたりして何とかやりこなせていたのに…

50枚とは…。

「どうすんの? これ???」

「…やる。」


「なんで、こうなっちゃうかわかる??」

「ちゃんとしないから」

「ちゃんとするって?」

「学校から帰ったら、学校の宿題して、公文する」

わかっているのに、ついつい甘い誘惑(漫画とか遊び)に負けてしまう娘。

とりあえず、ふたりでやり残し分の1日のノルマを決めた。

遊んでも、何してもいいから、とにかく1日にやる分はやること。

できなかったら、公文もチャレンジもやめる。

さぁ、娘は頑張れるかな??


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


ベネッセの子供チャレンジもしている娘。うーん、多すぎるとは思うんだけど、チャレンジは付録が楽しみだからやめるのはイヤなんだと。公文は…様子みようっと。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます…
2008/07/31 11:37  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。