06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-28 (Sat) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
しろいうさぎがやってきてしろいうさぎがやってきて
(2004/05)
エリック バテュ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:考えさせられる
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


春の祭りの夜にうさぎの村にやってきた白くて大きなうさぎ。ところが、翌朝、しろうさぎが新しい決まりを作って、それに合わないうさぎを村から追い出してしまいます。小さいうさぎ、ひげの短いうさぎ、白くないうさぎ…。そして、とうとう村にはしろいうさぎ1匹だけになってしまいました。ところが、ある日、村にしろいうさぎよりも大きくて、立派なうさぎがやってきました。しろいうさぎは歓迎したものの、大きなしろいうさぎに食べられてしまいます。そして、村は…。
原題は「白いおおかみのように」。「白いおおかみのように知られている」というのは「誰にでも知られている」という意味があるそうです。
自分とは違うものを軽蔑し、排除していくしろいうさぎ。自分より立派なうさぎは歓迎し、共に生きていきていきたいと望みます。ところが、その立派なうさぎにとっては、しろいうさぎは餌にしかならない存在でしかなかった。自分が一番優れていると思っていても、自分よりも大きな存在の前では取るに足らないものと、作者はいいたかったのでしょうか?それとも、一種だけが優れているという考えは、いつか壊れるといいたかったのか?とにかく、うさぎという可愛らしいキャラクターをテーマにしながら、とても奥の深い、背筋が寒くなってしまうようなお話。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

おとりよせでも有名な山田製油
そこの美味しいごま油をたっぷり使ったイタリアンが食べられるレストラン「ピッコロモンド」に、図書ボランティアのメンバーとランチに行ってきました。

ピッコロモンド


店内はナチュラルで暖かい雰囲気。

予約してもらっていたので、ゆったり座ることができて◎。いつもは満席で座れません( ̄Д ̄;;

ピッコロモンド


オードブルは9種盛り。ごま油のいい香りも美味しさの一つです。

ピッコロモンド


パスタはお好みで数種類からチョイス。私はエビとズッキーニのトマトソースを選びました。

パスタもオリジナル製でちょっとラーメンに似ているような新食感。

これが意外と美味しかったです。

自家製パンには塩を利かせたゴマ油がとても合います。

ピッコロモンド


最後は珈琲とデザートの盛り合わせ。

これで1575円。


ランチも美味しかったけど、メンバーとの話も楽しくて、いいひとときが過ごせました(*≧m≦*)

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


今日は土曜参観がありました。その様子はまた次回☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。