03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-05 (Thu) | 絵本(外国の作家) | COM(4) | TB(1)
きんようびはいつもきんようびはいつも
(2007/12)
ダン・ヤッカリーノ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


金曜日はぼくとパパにとって特別な日。いつもよりも早く家を出て、ゆっくりと散歩して、お気に入りのお店で朝食を取る。何でもないことなんだけど、ぼくとパパにとってはとても大切な時間であることが絵本を通じて伝わってきます。そして、それは親子にとって、とても素敵な行事であることも。
筆者は、息子のマイケル君が3歳になった時からこの習慣を始め、ふたりにとってはとても大事な時間になっているそうです。
子供のために、いろいろなレジャーを考えたり、旅行したりして想い出を創るのもいいですが、こんな風にちょっとした子供と親子だけの特別な行事を作ってみるのも素敵です。筆者のように毎週楽しみを作るのもいいし、毎月1度の楽しい1日を創るのもいいと思います。兄弟がいる時は、この日はお姉ちゃんやお兄ちゃんの日と決めるのもいいかもしれません。特別でないけど、ずっと続けられる“特別”なこと。きっと、子供の心にあたたかなものを感じさせてくれると思います。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は小学校の読み聞かせがありました。

1年生にとっては初めての読み聞かせです。

選んだ絵本は、

「ねずみくんのチョッキ」の大型絵本と

あれこれたまご」です。

なんと読み聞かせのメンバーがこんな可愛いグッズも持ってきてくれました。

D1000067


卵パックに入った編みぐるみ!!

ヒャァァァ!! 可愛い~♪

さて、来てくれるかな~とワクワクして待っていたら、

ゾロゾロ、ゾロゾロ、ゾロゾロとやってきてくれました ヽ(´ー`)ノ

1年生の息子も照れくさそうな笑顔でやってきてくれました。

「ねずみくんのチョッキ」では

「ちょっときついがにあうかな?」のセリフの後に、

子供たちが似合わない~』と大合唱!!

ノリノリで聞いてくれたので大成功でした。

お次の「あれこれたまご」はとっても静かに、真剣な眼差しで聴いてくれました。

う~ん。1年生って純粋!!

これからの読み聞かせが楽しみです。


さて、気づいたのですが、普通の絵本の「ねずみくんのチョッキ」と大型絵本のねずみくんのチョッキには違いがありました。

※もしかしたら、私が持っているのが古いからかもしれません。

普通の絵本では「ちょっときせてよ」となっているのに、大型では「ちょっときさせてよ」と言い回しが違います。
また、絵本にはないのですが、大型には最後のねずみくんが伸びきったチョッキを引きずるシーンに
「ぼ、ぼくのチョッキ…」というコメントも入ってます。
そして、最後のぞうさんのブランコのシーンの横には
「よかったね ねずみくん」とコメントも!!

メンバーと言っていたのですが、最後の「よかったね ねずみくん」は微妙だな~と。

だって、お母さんの大切なチョッキがびよ~んとのびちゃって、ブランコになっても絶対「良かった」はずはないぞ!!とか。。。

ん~、みなさんはどう思いますか???


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


今日の読み聞かせ…娘は来てくれませんでした。。(>_<。) 何で来れなかったの?と聞いたら、恥しかっただって。。。。(>_<。)うぅ。。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング
























管理者にだけ表示を許可する

きんようびはいつも
これはパパこそ読んでくださいねという絵本です。きんようびはいつも(2007/12)ダン・ヤッカリーノ商品詳細を見る きんようびは、ぼくとパパにと... …
2008/06/11 13:49  ゆらゆるの本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。