09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-12-15 (Thu) | クリスマスの絵本 | COM(3) | TB(0)
こうさぎのクリスマス

おすすめ度
ジャンル:心温まる絵本
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~



両親がキツネに追われたまま帰ってこないため、二人で暮らしている兄ウサギのラビーと妹ウサギのルビー。クリスマスの季節になり、各家にはツリーが飾られます。サンタクロースを信じるルビーに、「サンタはこない」いいはるラビー。でも、二人はお互いのことを喜ばせるためにプレゼントを考えます。
一生懸命、手作りしながら。。。。
そして、ソッと気づかれないようお互いのドアにプレゼントをかけて…。
翌朝、お互いのプレゼントを発見した時の二人の喜び、そしてさらにもっと素敵な贈り物も!!
まるで、本当のサンタクロース(あるいは神様)からの贈り物のような最後の展開は、心温まるお話です。
フワフワとした柔らかな印象の絵と優しい物語が、読後幸せな気分にさせてくれる絵本です。

ちょっとわき道
この絵本を読んだ時、「賢者の贈り物」を思い浮かべました。

夫は妻へ櫛をプレゼントするため、自分の大切な時計を売り、

妻は夫へ時計のチェーンをプレゼントするために、大事な髪を売るというお話です。

誰かに贈り物をする時、相手が本当に喜ぶものを考え、それを手作りしたり、自分の何かを犠牲にしてまで用意するって素敵ですね。

思いを込めた贈り物は、もらった人をとても幸福にしてくれるし、プレゼントもとても大切にしたくなります。

クリスマスのプレゼントは本来そんな贈り物がいいのでしょうね。

最初、娘の0歳のクリスマスプレゼントにはそんな思いを込めて、手作りの枕をあげました。

2歳の時はマフラーを編みました。

でも、そのうち、市販のものになってしまい…。

最近では、我が家もデパートで買ってきたものばかり…。

どんなにチープなプレゼントでも一生懸命「あなたのために」というものの方がいいのでしょうね。

今年はちょっと見直そうかな?

書評も書いてます↓


詳しくは↓

こどものとも50周年記念ブログ


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。