10≪ 2017/03 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-12-26 (Mon) | 絵本 | COM(5) | TB(0)
あれこれたまご
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら6歳~



たまごの気持ちを考えたことってありますか?
この絵本はそんなたまごの気持ちを関西弁に乗せてユニークに綴った絵本です。
スーパーで売られているたまご売り場から、冷蔵庫の中へ、そして、様々なたまご料理が軽快なリズムで次々と紹介されていきます。

例えばたまごスープの日なら
「あっつ、あっつう!
おだいどこ、ゆげでもうもうや。このおなべ なか あつあつやん。
よおといてもろたし、ほな いこか。
つたたたた…、ほわん!
うわぁ、からだが とたんに ふわひらや。
たまごスープに へんしんや。」
という調子。
ページをめくるたび子供たちは大喜び。お腹を抱えて笑います。
もちろん、読み聞かせの時は思いっきり関西弁で!!

ちょっとわき道
我が家はたまご消費量がけっこう多い。

朝は目玉焼き、お弁当には玉子焼き、夕食はオムライスや茶碗蒸し、天ぷらなど…、何かと登場するのがた・ま・ご。

でも、たまごの気持ちなんて考えませんよね。

この絵本を読んでから、ちょっとウチではたまごの気持ちを考えながら料理するのが流行ってます。

目玉焼きなら「うわっ、あっつぅ。あ、真っ暗や!! 蓋したなぁぁぁ。蒸し焼きにするつもりや」など、娘たちとはしゃぎながら作っています。

でも、あんまり調子に乗ると、食べる時がたいへん。

「痛くないかなぁ。ごめんね」なんて言って、なかなか食べてくれませんから…

書評も書いてます↓


詳しくは↓bk-1
あれこれたまご
とりやま みゆき文 / 中の 滋絵


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。