06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-23 (Wed) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
ガスパール こいぬをかう (リサ・シリーズ)ガスパール こいぬをかう (リサ・シリーズ)
(2002/11/02)
ゲオルグ ハレンスレーベン、アン グットマン 他

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


お馴染みの「リサとガスパール」のシリーズ絵本。今回はガスパールが子犬を飼うお話です。ペットショップで可愛い子犬を見つけたガスパール。犬が飼いたくてしかたないガスパールのために、おばあちゃんが子犬をプレゼントしてくれます。大喜びのガスパールですが、ママは迷惑そう。ところが、子犬はいたずらをするし、犬連れではおもちゃ屋さんにも気軽に入れません。散歩の途中で雨に打たれたら、なんだか子犬の様子が変…。
犬を飼うのはとても素敵なことですが、ガスパールにはまだちょっと無理だったみたいです。最後は納得の結末になってますので安心を。小さな子供に犬を飼うのは「早い」と説明してもなかなか理解できません。自分で世話をし、病気になったら面倒をみて、毎日の散歩もしなくてはいけない…。ガスパールの失敗や努力を通じて、犬を飼うって大変なことと学んでもらえる内容です。もちろん、犬を飼うのは素敵なこともちゃんと描かれています。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

子供たちがピアノを習っている先生のお宅に可愛い子犬がやってきました。

先生の娘さんが引越しをすることになり、マンションでは犬が飼えないということで、先生が引き取ったそうです。

その犬の名前はロディーちゃん。

種類はよくわかりませんが、テリア系みたいです。

今まで、ピアノのレッスンが苦手だった子供たちも、ロディーちゃん見たさに、ウホウホと喜んで通うように。。。

ロディーちゃん効果抜群です。

最近では、ロディーちゃんの散歩にも一緒に同行することも。。。

子供たちは犬と触れ合えるのがとても楽しいようですが、

犬への接し方がイマイチよくわかっていないみたいで…。

先週のレッスンの際、息子があまりにロディーちゃんにかまいすぎて、

甘噛みされてしまいました。。

息子以上に驚いたのは、先生。

何度も、何度も「ケガしていたら大変だからお医者さんに行ってね」と言われました。

甘噛みなので、血もケガもしていなかったので、息子も私もへっちゃらです。

だいたい、息子がぬいぐるみのようにかまっちゃったのがいけなかったのです。

犬だって、怖いことや嫌なこともあるんだということを

これから、レッスンに通うたびに、少しずつ子供たちが学んでくれていく方が嬉しいな。

我が家でも犬を飼ってみたい声がたくさんあがるのですが、

自分のことが自分でできないうちは、NGです。

責任感が芽生えた頃にもう一度考えてもいいかなと思っています。

それまでは、ロディーちゃんと仲良くなって遊ぶのが一番。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


今週は家庭訪問週間。息子曰く「家庭訪問って何?」私「先生がうちにきて、あんたの日頃の生活をお話しするんだよ」 「えぇ~!! いややなぁ~」( ̄Д ̄;; 私…なぜ?? ☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。