01≪ 2017/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-01 (Tue) | 絵本(外国の作家) | COM(4) | TB(0)
よあけ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)よあけ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1977/06)
ユリー・シュルヴィッツ、瀬田 貞二 他
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:美しい絵本
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


闇夜から朝を迎える一瞬の夜明けをとらえた絵本。
音もなく静まり返り、月夜が照らす寒い夜の湖。何もかもが静寂に包まれ、すべてのものが静止しているような空気感。そこへ訪れようとしている、太陽の動きを一番に察したのは風?
湖に漣がたち、もやがこもり、動物たちが活動を始める。
夜明けを湖で迎えようと寝袋で寝ていた老人と孫が起きはじめると、次第に明るさを増す世界。
ほんの一瞬の出来事を、暗から明へ、静から動へ導き、物語に「音」を感じさせる描写が素晴らしい。
最後のページを見た瞬間、すべてのページのイラストが最後の1枚の絵のために描かれたものだと読者は察します。
時の移ろいを美しく描き、まるで絵本から自然の音が聴こえてくるような…そんな素敵な世界へ誘ってくれる絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

春休みと言えども、働く母さんは仕事を休めない。。。。

頼みのジイジも予定があって出かけてしまう…。

まだ、息子が幼稚園児の時は危ないので、私が仕事をキャンセルするか、ジイジに無理を言って、何とか調整をつけてきた。。。

が、息子が小学生になる今年。ちょっとずつお留守番になれてもらおうと、先日から1時間、2時間と娘と二人のお留守番に挑戦してもらっている。

今日も予定では、1時間のお留守番のはずだった。。。

「ママはすぐに帰ってくるよ」「することはコレとコレ」「もしもの時はここへ電話するか、お向かいのおばちゃんちに行くこと」などなどを言い聞かせて、後ろ髪を想いっきり引かれながら家を後にした。


が、

仕事をしているとたまに予定外のことが起こっちゃう。( ̄Д ̄;;

今日は、クライアント先で取材が2時間以上もかかってしまった。。。。

( ´Д`)アァァァァ。泣いているかも…。

取材が終わって、すぐに電話をかけると

「あ、ママ、やること終わったよ。いつ帰ってくるの?」と娘

「ママ~、ママ~、ちゃんとお留守番したし、ケーキ買ってきて。ケーキ!!」と息子。

うんうん。電話越しの子供たちの声がすっごく愛おしくて、家路に向かう足取りも早くなる。

早速、ケーキを買って帰り、みんなでいただきました(*´∀`)ノ

ご褒美ケーキ


ごめんね。淋しかったね。そして、ありがとう。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


「また留守番するで。次は苺パフェとチョコレートケーキでええで」と娘。うーん。仕事して稼いだ分が、すべて子供たちの胃袋へ消化される日が近い気がする…。息子に「焼肉でええで」と言われるのはいつの日だろう???☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。