03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-12-12 (Mon) | クリスマスの絵本 | COM(7) | TB(1)
カロリーヌのクリスマス

おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~



カロリーヌとゆかいな8匹のシリーズのクリスマス編。
クリスマス・イブの朝、カロリーヌたちはワクワクしてツリーやプレゼントの打ち合わせをします。皆の貯金箱からお金を集めて、早速買いだしに…。ところが、ツリー担当の子犬のユピーと小熊のブムは「恵まれない子供たちへ」寄付してしまってお金がなくなってしまいます。買えたのは小さな小さな植木鉢。これには、カロリーヌや他の仲間もガッカリ…。
ところが、そこへ「ほしのだんしゃく」から手紙が届きます。
手紙の指示に従い、森へツリーを取りにカロリーヌと8匹が向かいますが、思わぬことに…。

小さな少女カロリーヌとかわいい8匹の動物たちが素敵なクリスマスを迎えるお話です。
本物のサンタさんは出てこないけど、ラストシーンには本物以上に優しくて子供思いのサンタさんが登場します。
ちょっとした冒険、そして失敗、子供の世界ならではの愉快な要素がいっぱいつまったお話です。
シリーズ本はどれもそうですが、文字数が多く、読み聞かせには時間がかかります。小さな子供へ読み聞かせるなら、
「今日はここまで」と区切りをつけて読むのがいいかもしれないです。
でも、女の子なら大好きになってしまう魅力たっぷりの作品です。

ちょっとわき道
娘が図書館で選んでくるのは決まってこのシリーズ。

「カロリーヌキャンプへ行く」「カロリーヌとなぞのいし」などなど。

「えぇ~、またこの絵本ですかぁぁぁ?」

文字数が多くて、読み聞かせにはちょっと辛いので、私はうんざりしてしまいます。

娘「いいのっ!! 大好きなんだからっ!!」

私「どうして?」

娘「だってな。カロリーヌがいろんなところいったり、かわいい熊さんや猫ちゃんと冒険するねんで!! 面白いやん!!」

そ、そういえば。。。。。

冒険物ってほとんどが男の子が主人公。女の子が主人公のお話ってあまりないですよね。

女の子にとっては、こんな可愛い動物たちと協力し合って、冒険するお話は夢なのかもしれません。

と、思うと私も読みたくなってきたぞ!!

書評も書いてます↓


詳しくは↓


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー

















管理者にだけ表示を許可する

カロリーヌのクリスマス
カロリーヌのクリスマス ピエール・プロブスト さく やましたはるお やく BL出版カロリーヌのクリスマスピエール プロブスト, Pierre Probst, やました はるお …
2005/12/19 09:32  こどもの本箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。