04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-22 (Fri) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
きつねのでんわボックスきつねのでんわボックス
(2006/07)
たかす かずみ、戸田 和代 他

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心に響く
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~


子供を亡くした母きつねと人間の子供の交流を電話ボックスを舞台に、子を想う母親の気持ちを優しく感動的に描いた絵本。
母きつねは一人息子のきつねのぼうやが愛おしくてたまりません。ところが、ある日、子ぎつねが死んでしまい、母きつねは生きる気力を失ってしまいます。ふとみると、電話ボックスに小さな人間の男の子が入っています。亡くなった自分の子供を想いだし、母きつねはその子に興味をもつようになります。毎日、電話ボックスにやってくる男の子は、病院に入院しているお母さんに電話をしていたのでした。甘えた声、母親を恋しがる言葉…、まるで亡くなった息子が話しているかのよう。ところが、ある日、電話ボックスが壊れているのを見つけた母きつねは…。ここでとても素敵な奇跡が起こります。
きつねが化けるという言い伝えを魔法という形に変えて、物語は心ふるえるような感動へと導かれます。子を想う母親の愛情の深さ、子を亡くした母親の悲しみ、愛しいわが子を想う心…母親の愛がたっぷり詰まった物語です。子供を幸せにするために、母は奇跡を起こし、その奇跡がつながっていくのも素敵です。
子供に読み聞かせながら涙が止まらず、胸が熱くなってしまいました。最後はホッとした穏やかな気持ちにさせてくれるのもすばらしい。すべての母親に読んで涙して欲しい一冊です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

もうすぐ、息子の幼稚園の発表会。

息子の演目「ゲキレンジャー」の衣裳つくりも、今ラストスパートです。

先日は、幼稚園で2度目の衣裳打ち合わせをしてきました。

息子は、ゲキバイオレットなので、上着は紫のチャイナドレス、下は黒のサブリナ風のズボンです。

チャイナドレスは裁縫達人のママが大半を作ってくれたので、飾りつけをするだけですが、

残るのは、ズボン。。。

飾りつけもキラキラ光るひも状のものを、チャイナドレスの裾や見頃、袖口などに手縫いで縫い付けなければなりません。。。。

結構、手間です。

来週、火曜がリハーサルなので、その日までに仕上げなければ…。

頑張ろうっと。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


娘のお尻に異常事態発生!! 詳細はまた明日報告します。。。( ´Д`)☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。