05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-06 (Sun) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
ゆきみち (ほるぷ創作絵本)ゆきみち (ほるぷ創作絵本)
(1986/12)
梅田 俊作、梅田 佳子 他

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心あたたまる
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


出産のために里帰りしている母親に会いに行く、父親と男の子。雪道を進みながら、男の子がお兄ちゃんになるという自覚を得る成長を自然に描いている秀作です。
吹雪の中、父親を見失いそうになる男の子。見覚えのある目印を頼りながら、昨年の出来事を思い出します。思い出すのは、どれも泣いたこと。蜂に刺されて痛くて泣いた春。みんなに喜んでもらおうと一生懸命運んだ麦茶をこぼしてしまって、悔し泣きをした夏。母親が離れてくらすことになって、淋しくて泣いた秋。その涙を優しく拭うように、ばあちゃんは言います。「うんと泣くがええ」と。一言で「泣く」と言っても、いろいろな涙があり、涙を流した分だけ子供は少しずつ成長していく。ばあちゃんの言葉は、子供の心をあたたかく包み、少しずつ成長する男の子の気持ちを癒します。おにいちゃんになるって、子供にとっては不安でいっぱい。吹雪で迷った不安と見捨てられたかもしれない不安で押しつぶされそうになった男の子はあるものを見つけます。自分を必要としてくれている、自分を大切に思ってくれている…その想いが伝わるだけで、生きる希望が湧いてきます。最後にばあちゃんの見せた涙こそ、まさにその想いに満ちた証。シンプルな物語ながらも、雪の情景を織り交ぜながら、さまざまな涙を効果的に使いながら、子供の心を繊細に描いた絵本。オススメです。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

いよいよ明日から、小学校がスタートする。

今まで、寝坊しまくりだった正月休みも、もう終わりだと思うと、とっても残念。。。

って、きっと私以上に娘の方がおもっているんだろうな~。

いよいよ学校が始まるというのに、夕方まで何の用意もしていなかった娘。

チェックしてみると…( ̄Д ̄;;アリャリャ~

宿題、していませんけど。。。もしもし~????


と、いうわけで、晩御飯まで必死に(半分なげやりに)宿題をしていた娘。

ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 冬休みに入った時に、「宿題は12月中に済ませるように」と伝えていただろ~

のび太の母ちゃんの気持ちがよ~く分かったよ。。。。

ドラえもんにはなれないけどね~。

2年生は宿題が簡単で良かったよ。。。

来年が怖いな~。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


本日、腰痛でかなり落ち込んでいます…腰痛ぐらいなんだ!!とポチッと☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング























管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。