01≪ 2017/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-31 (Wed) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
しつれいですが、魔女さんですか (魔女のえほんシリーズ)しつれいですが、魔女さんですか (魔女のえほんシリーズ)
(2003/10/22)
エミリー・ホーン

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


黒猫は不吉。町の人からそう思われている黒猫のハーバードは友達もいなくて孤独な日々を過ごしていました。ある日、ハーバードは図書館で「魔女の百科事典」を見つけます。黒猫が魔女にとても愛される動物だと書かれているのを読み、ハーバードは魔女を探しにでかけます。本に書かれていた魔女の特徴をもとに、ハーバードはいろいろな人に声をかけます。
「しつれいですが、魔女さんですか?」と。
ちょっと躊躇しながら、丁寧な言葉で話しかけるハーバードの姿がとてもいじらしく思えます。ところが、話かける人々は魔女とは違い、ハーバードはがっかり。邪険にされて、ハーバードの心が沈みます。小さな黒猫がさらに体を小さくさせて、人々に話しかける様子がとても可愛らしく、読者もハーバードを応援したくなります。
そして、再び図書館に帰ってきたハーバードは素敵な出会いをすることになります。
魔法学校の魔女たちに出会ったハーバードの嬉しそうで照れた表情がなんとも言えません。このシーンを見て、私はハリーポッターが自分が魔法使いだと知って喜ぶ場面とちょっと似ているかもと思いました。
不遇な人生が魔女に出会って、幸せになる…ハーバードとハリーポッターには共通点があるようです。
ハリーポッターファンもそうでない人も十分楽しめる作品です。可愛らしいイラストも魅力的。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!



今日は、先日から企画していた近所の子供たちを集めてハロウィンイベントをやりました。

我が家の仮装はこーんな感じ。

仮装している娘

お菓子の数を数えている娘。。。。。

計8件の家庭が参加してくれて、子供たちは14名も集まってくれました。

最初は恥しがって、なかなか「お菓子ちょうだい」が言えなかった子供たちですが、

2~3件まわると、だんだんのってくれてきて、

大声で「お菓子ちょうだい」と言える様に。

我が家で用意したのはこんなお菓子。
お菓子

お菓子


各家庭、負担にならない程度のお菓子を用意してもらいました。

ちょっと失敗しちゃったのは、我が家では子供たち自ら取ってもらうスタイルにしていたのですが、14人が一気に集まっちゃうと大混雑。

他のお宅のように、個別包装にすれば良かったと反省してます。

来年からはそうしようっと。。。(*´∀`)ノ

総勢14名の仮装した子供たちが歩く姿はほんとにかわいかったです。(*´∀`)ノ

全員集合


来年もまたしようね!!と子供たち&お母さんたちにも大好評でした(*´∀`)ノ


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


来年はもっと件数が増えそうな予感…。普段あまり話さないお母さん方とも親しくなれて良かったデス☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。