06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-26 (Fri) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
まほうつかいのでし―ゲーテのバラードによる (日本傑作絵本シリーズ)まほうつかいのでし―ゲーテのバラードによる (日本傑作絵本シリーズ)
(1995/08)
斎藤 隆夫、上田 真而子 他
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


魔法使いの先生の留守中に、魔法を試してみたくなった弟子。ほうきに呪文をかけて、水汲みの仕事をさせるのですが…。ほうきはどんどん水を汲んで、しまいには屋敷中水浸しに。ところが、弟子は水汲みを止めさせる呪文を知らなかったのです。さぁ、大変。ほうきを斧で割ってみたものの、今度はほうきが二本になって…。
古くから伝わるお話。先が読める展開ですが、アップテンポで進んでいくストーリーやリズミカルな言葉運びなど、安心して楽しめる内容です。何より、詳細に描かれたグラフィックのような色鮮やかなイラストが魅力。絵本を眺めているだけでも十分に楽しめる作品です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日は小学校の読み聞かせがありました。

私がナレーションを担当するのは『舌きりすずめ』の紙芝居。紙を送る役とナレーションの2役なので、けっこう大変です。(°▽°;)

『舌きりすずめ』のほかに、『きつねとごんろく』もやりました。

読み聞かせ


メンバーのママ友が用意してくれたハロウィーンのかぼちゃも飾って。

子供たちも1年生を中心にたくさん集まってくれて、図書室の中は熱気でムンムン。

たくさんの子供たちに楽しんでもらえてよかったです。

娘も恥しそうに聞きに来てくれました(≧∇≦)

ちなみに、私が読んだ『舌きりすずめ』のお話は、

おじいさんがすずめのお宿を探しに行く途中で、馬洗いどんや牛洗いどんに会って、お宿の場所を尋ねるシーンがあります。

しかも、教える条件はそれぞれ、「馬の洗い桶の水を七杯飲むこと」、「牛の洗い桶の水を七杯飲むこと」と過酷なもの。

それでもおじいさんはがっぽがっぽと水を飲み干して、お宿の場所を探し当てるのです。

私が昔読んだ「舌きりすずめ」のお話ではそんなシーンがなかったので(覚えてないだけかも)、とても意外でユニークだな~と思いました。

ちなみに、紙芝居はずいぶん昔に出版されたもの。レアな作品です。

昔話は作者によって、お話がさまざまに脚色されているので、良く知っている話でも違った物語を楽しめる魅力がありますね。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


ナレーションは残り時間を計りながら、読む速度を調節しなければならないので結構大変です~( ̄Д ̄;; もっともっと上手くできるように練習しなくちゃ!!☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。