10≪ 2017/03 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-12-05 (Mon) | クリスマスの絵本 | COM(0) | TB(0)
ちいさなろば

おすすめ度
ジャンル:心温まる絵本
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~



昼間遊ぶときも、夜寝るときも、ひとりぼっちのちいさなろば。ある晩、牧場へサンタさんがやってきました。トナカイの一匹が足を痛めてしまったのです。サンタさんから頼まれて、ちいさなろばは一緒にプレゼント配りを手伝うことに…。仕事を終えるとサンタさんから欲しいものを尋ねられます。ちいさなろばがお願いしたのは「ともだち」。そして翌朝目覚めると…
派手な展開はないものの、美しい絵と心が温かくなるようなお話の絵本です。
クリスマス絵本は子供っぽいものが多いですが、この絵本は大人が読んでも楽しめる作品です。
小さな子供に読んであげるときは、すこし難しい言葉も使われているので、優しい言葉に直して読んであげるか、説明しながら読んであげるといいですよ。
一番最後のページはまるで恋人のような2匹のロバが描かれていて、「しろいうさぎとくろいうさぎ」を思い出させるような雰囲気です。
子供たちへ読んであげるときは、誰かと一緒にいることの大切さや一生懸命頑張ったら必ずいいことがあると教えてあげるのもいいかもしれません。
大人が読めば、きっと側にいてくれる恋しい人を想う気持ちがいっそう強まるはずです。
クリスマスにぴったりの絵本です。

ちょっとわき道
作者や訳者によって絵本なのに難しい言葉を使う絵本ってありますよね。

読み聞かせていると、娘がすぐ「○○って何? ○○ってどういうこと?」と聞いてきます。

お話が中断してしまうので、困るのですが、でも子供にとっては語彙を増やすためにも大切なこと。

あぁ、こうやって言葉を覚えていくんだなぁと想う瞬間です。

ですから、ちょっぴり難しい言葉が使われている絵本なのに、質問してこないと?????となる時があります。

たいてい、そんな時は目が白目がちで、半分眠っている状態なのですが…。

書評も書いてます↓


詳しくは↓


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。