10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-05 (Mon) | しかけ絵本 | COM(2) | TB(0)
せかいいちおいしいレストランせかいいちおいしいレストラン
(2005/09)
あんびる やすこ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


絵本の表紙に描かれているのは、「世界一おいしいレストラン」への招待状。ちゃんと割引券までついています。うさぎさん、りすくん、あおむしくんのところへ招待状が届き、さっそく彼らはレストランへ出かけます。「いーい、におい」とうさぎさんが気に入ったレストランは、人参料理の専門店。うさぎさんは大喜びですが、りすくんやあおむしくんはちょっと違うようです。次に行ったレストランは葉っぱ料理の専門店。今度はあおむしくんが気に入りました。そして、最後に行った木の上にあるレストランは木の実料理の専門店。りすくんは大満足です。そして、最後のページをめくると、世界一おいしいレストランの全貌が明らかになります。最後のページは本を縦にして読むしかけに。どんな仕掛けで、なぜレストランの全貌が明らかになるのかは、絵本を読んでのお楽しみです。また、それぞれのレストランの扉が仕掛けにもなっています。分かりやすいお話とかわいらしいイラスト、そして楽しい仕掛けは乳幼児にピッタリの絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日、何気なくニュースを見ていて、例の小学2年生の女の子が殺害された事件についてジイジと話していた。

「小学校2年生だって、むごいね~」

「娘と同じ年だよ」

「もし、娘が殺されたら…と思うだけでゾッとするわ」

すると、息子がポツンと言った。

「ねぇねぇが死んだら、僕も死ぬ」



喧嘩もよくするけど、普段はとても仲がいい娘と息子。

特に生まれたその日から常に娘と一緒に過ごしてきた息子にとっては、

娘はかけがいのない存在。

娘のいない生活なんて考えられないんだろう。


そんな息子の想いを感じて、心がキュンとなった。


すると、娘も

「私だって、ボクチン(息子のこと)がいなくなったら死ぬ」

そんなこと言わないでよ~。わたしこそ、あんたらがいなくなったら生きていく気力なんてないよ。

子供が親より先に死んでしまうというのは、なんて残酷なんだろう。

病気、事故、事件…。子供が命を失う危険からできるだけ守ってあげたい。

あんたたちが、おばあさん、おじいさんになって

「ねぇねぇ、長生きできたね~。天国のママも喜んでいるね~」なんて言ってくれることを望みたい。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 書評フェアにも掲載されました(*´∀`)ノ


私のメインブログです↓ 
バナー


一人っ子の私にとって娘と息子の関係はとっても羨ましい。兄弟ってほんとにいいね☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。