01≪ 2017/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-13 (Sat) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
よかったねネッドくんよかったねネッドくん
(1997/11)
レミー チャーリップ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


人生にはいいことも悪いこともある。人生におけるラッキーとアンラッキーは必ず交互に訪れるものであって、両者がうまくつりあいを保っているから面白いのだと、以前誰かから聞いたことがある。
この絵本はまさにそんな感じ。しかも、1日でラッキー&アンラッキーが交互に、怒涛のように押し寄せるハプニング満載の展開です。
ある日、ネッド君に「びっくりパーティー」への招待状が届く。嬉しい招待とは裏腹に、なんとパーティーが行われるのは遠い遠いフロリダ…。ラッキーなことに友達が飛行機を貸してくれるんだけど、最悪なことに飛行機が爆発! でも平気、パラシュートで脱出成功! が、パラシュートに穴が!
こんな調子でハラハラドキドキなネッド君の冒険が始まります。
歯切れのいい短めの文章なので、テンポ良く読み進められるのも◎。
さらに、ラッキーな時はカラフルなイラスト、アンラッキーな時はモノクロ、と小さな子供でも瞬時にラッキー&アンラッキーが把握できる仕掛けにもなっています。
日本語と英語が書かれているので、二ヶ国語のリズムも楽しめるのも魅力です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日、小学校の読み聞かせの打ち合わせに行って来ました。

来週の本番に読むものを決めるためです。

やはり、秋っぽい絵本を選ぶことになり、こちらの紙芝居に決定しました。

きつねとごんろく


「きつねとごんろく」馬場のぼるさんの作品です。

鬼のごんろくが柿を食べていると、お姫様にばけたきつねに騙されて悔しい思いをします。

しばらくすると、村の方でなにやら騒がしい。行ってみると、あのきつねが捕まっています。

きつねの見張りを頼まれたごんろくですが…。

馬場のぼるさんならではのユニークで楽しいお話です。

そして、もう一つは「したきりすずめ」。

メンバーが多いので、登場人物が多いものを選びました。

私は「したきりすずめ」のナレーター役。

最後はちょっぴりおどろおどろしく読まなきゃいけないので難しいです。

もうすぐ読書祭りもあるので、今、読み聞かせの会ではペープサートを作成中。

どんなお話かは完成してからお話しますね~。




それにしても…。ほんと、「よかったねネッドくん」ではないですが、

いいことと悪いことって交互に訪れるものですね。

そう言えば、この間、「オーラの泉」でもそんなことを言ってたっけ…。

先週はめちゃめちゃ忙しくて、いいことはあまりなかったので、月曜日からはいいことが続いて欲しいな~(≧∇≦)


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


メインブログ「京女のハマリゴト」ではハロウィン弁当をつくりました。これからハロウィンまで続けようかな~と思ってます。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。