07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-09 (Tue) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
こいぬのうんちこいぬのうんち
(2000/09)
チョン スンガク、クォン ジョンセン 他
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心に響く
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


こいぬのうんちが擬人化されているのが新鮮。時に怒り、悲しみ、そして、自らの存在について考えます。うんちがもたらした素敵な結末に、読者の心が揺さぶられる作品です。
うまれおちたその瞬間から、自分が汚い存在だと知って悲しむこいぬのうんち。
すずめにもつちのかたまりにも、鶏の親子にも馬鹿にされて落ち込みます。
「ぼくは汚いうんち。何の役にもたたない。これからどうすればいいんだろう」
そんな時、たんぽぽが語りかけます。キラキラと輝くような花を咲かせるために必要なものは、雨と太陽の光と、そしてうんちくんが溶けてこやしになってくれること、と。
自分が何かの役にたつと知った時のうんちの喜び、そして、自らを捧げてたんぽぽの栄養になり、いのちを繋いでいく様子…。汚いうんちがキラキラとした存在に変わる瞬間がとても美しく描かれていて印象的です。
自分の存在価値を見出せない時、まだ存在価値すら把握できていない子供たちへオススメの一冊。「うんち」を主人公にしているのに、とてもやさしく清らかで心に響くお話です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


運動会が終わった後から先日まで旦那の実家のある香川県へ帰省していました。

※その香川ネタはメインブログで主にアップしていきますヽ(´▽`)/

で、8日の帰省中、京都へ帰る途中で立ち寄った鳴門海岸。

子供たちがどうしても、どうしてもちょっとだけ遊びたいというので、ちょっとだけのつもりで立ち寄ってみた。

「ヽ(`д´;)/ 服濡らしちゃダメだよ~!! 海には入っちゃダメだからね!! なるべく早く切り上げようね」という私の叫び声もむなしく…

海で遊ぶ

海で遊ぶ


めっちゃ楽しそうに波と戯れる子供たち。

ただ、寄せてはひいていく波と戯れているだけなのだが、飽きずにずーッと遊んでいる。。。

10分のつもりが、40分近くも!! ( ̄Д ̄;;

しかも、服はドロドロ、足は砂で真っ黒!! (- -#)

ふと、海岸を目にしたら

海

すっごく汚れている海岸。。。

ゴミは持ち帰ろうぜ。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 今週のオススメ書評に掲載されました。ハンドルネーム「チャミ」で「でもすきだよ、おばあちゃん」です


私のメインブログです↓ 
バナー


真夏には行けなかったけど、今年も海で遊べてよかったね~。来年はたっぷり泳ごうねヽ(´▽`)/☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。