01≪ 2017/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-26 (Wed) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
きんいろあらし (こどものとも傑作集)きんいろあらし (こどものとも傑作集)
(1998/10)
カズコ・G. ストーン
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


おなじみ「やなぎむら」のシリーズ絵本の秋のお話。柳の葉も金色に輝く秋のある日。赤トンボのアカネさんが慌てて「きんいろあらし」がやってくることを知らせてくれます。次第に暗くなる空、強くなる風。虫たちは慌ててそれぞれ隠れ場所を探します。恐ろしいほどの渦巻きを作ってやってきた「きんいろあらし」。虫たちは強風に目を回しそうになりながらも、必死でつかまって嵐が収まるのを待ちます。ところが、嵐が去った後、くものセカセカさんだけが見つかりません。なんと、セカセカさんはほたるいけに浮かんで、助けを待っています。
セカセカさんを助けなくてはならないのに、誰も泳げなくて困っていると…。
虫の世界をドラマティックに描いた人気の絵本です。色鉛筆の繊細なタッチと季節感たっぷりの美しい風景。何より、虫の特徴や魅力を盛り込んで、お話をより楽しく感じさせてくれる展開は、子供だけでなく大人もグングン惹き込まれます。黄金色に輝く秋の情緒をたっぷり堪能してください。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今、娘は「生活」の時間で町の調査をしているらしい。

今日は、小学校の近所の本屋さんへインタビューに行ったんだってヽ(´▽`)/

娘の質問したのは「お店の中で絵本の読み聞かせはありますか?」だったらしい。

恥しがり屋の娘がどんな声で、どんな表情でインタビューしていたのかとっても見たかったな~ヽ(´▽`)/

娘のノートにはこんなことが書かれていた。

てんいんさんは15人。

本はぜんぶで15まんさつ。

なつやすみのどくしょまらそんは3まい。

よみきかせは月にいっかいで3じから4分。

※じしょてほん3ぜんえんでいぶいでいは本といっしょにたのしめるから。

べんきょうの本や、ようふくのほんがある。おすすめの本はハリーポッターの本。


インタビューしながら書いたのかな?

ものすごーく字が乱れていた…。うっすいトコロやゆがんでいる文字が踊っていた。。。

※の部分は何を書こうとしたのか不明。

それでも、それでも、なんとなーく嬉しかった。

娘が「ママのお仕事もインタビューするんやろ」と言ってくれたことが、

さらに嬉しかった。

そう、ママのお仕事もこんな感じ。

ほんとは取材している姿をみせてあげたいのだけど、今はまだ無理かな。

意外と難しくって、気を遣うけど、とっても楽しい仕事なんだよ~と教えてあげたいな。

普段、髪の毛をバリバリかきむしりながら、原稿書いている姿だけがお仕事じゃないんだよ~ってね。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓ 
バナー


娘に将来どんな仕事がしたいのか聞いてみたら、やっぱり「図書館の仕事」らしい。図書館の人にもインタビューしてみて欲しいな~。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。