08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-23 (Sat) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
とらのゆめ (こどものとも傑作集)とらのゆめ (こどものとも傑作集)
(1999/01)
タイガー立石

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:不思議
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~



ダリやマグリットの絵を見て、上手とか下手とかそんな感想よりもビビッと心に響く何かを感じたことはありませんか?
この絵本はそんなインスピレーションを感じる不思議な絵本です。
文字を読むより、絵を評価するより、まずは素直な心で見てください。
絵本の内容は、「とらのゆめ」というタイトル通り、とらのとらきちの夢の世界。緑の虎のとらきちは夢の世界を歩きます。だるまに変身したり、迷路をさまよったり…。読者も次第にどんどんシュールで不思議な
世界に誘われます。「ぐうぐうぐう」というリズムのよいテンポにのって、次々と登場する摩訶不思議な空間。でも、よくよく見てください。おやっ!?と思う絵がたくさんあります。表紙の木のように見えるのは、二匹の虎が向かいあっているし、紅葉の木が描かれたシーンでは木の枝の空間そのものが虎になっています。絵探し的な楽しさとへんてこりんな世界を旅するワクワク感、そしてエンドレスに続く面白さ…。忘れられない不思議な体験ができる絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は娘の小学校にて親子カレー作りの催しがありました。

息子の幼稚園もお休みだったので、今日は3人で。

家庭科室に入ると、たくさんの親子連れ。お父さん参加もちらほら見えます。

参加者が多かったので、1つの調理台に5組の親子。

包丁もまな板も足りない状態でのスタートです。

それでも、やはり2年生にもなると、やる気が見えるのが楽しい。

玉ねぎの皮をむき、ニンジンやじゃがいもの皮を包丁で剥く、切る…。

ひしめき合いながら、譲り合いながら、なんとか下準備OK。

グツグツ煮ている間は、子供たちは運動場へ遊びに行き、

お母さんたちとの交流が始まります。

それにしても、カレーってほんとに各家庭でいろいろな作り方があるんですね。

今回はミンチを利用したのですが、

野菜を炒めてからミンチを入れて、さらに炒めるパターン。

先にミンチを炒めるパターン。

炒めた野菜を煮た後でミンチを加えるパターン。

ほんとうに十人十色。

勉強になりました(≧∇≦)

んで、私が加わった調理台のカレーはこちら。

旨そうなカレー


はっきり言って、見た目は一番美味しそうでした。

もちろん、味も格別~(*´∀`)ノ

お替り、3杯もしちゃったもんね~。(あぁ、ビリーよ…。また、助けてくれ~)

娘も息子もいつもの我が家風カレーとは違う風味に喜んでいましたヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

帰宅後、いろいろと気を遣ったためか、食いすぎたためか

3人で爆睡…。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓ 
バナー


今日のカレーはみんなで作ったためか、一緒に食べた雰囲気が良かったのか、いつもよりちょっぴり早く食事ができた息子。頑張ったね~☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。