10≪ 2017/03 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-12 (Tue) | 絵本(外国の民話) | COM(4) | TB(0)
しあわせの王子 (いもとようこ世界の名作絵本)しあわせの王子 (いもとようこ世界の名作絵本)
(2007/02)
オスカー ワイルド、いもと ようこ 他

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:外国の感動名作
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~



町を見下ろせる高い台の上にしあわせの王子の像がたっていました。
体は金ぱくで覆われ、両目にサファイア、腰の剣にはルビーがはめられた立派な像でした。ある日、一羽のツバメが飛んできて、王子の足元で休んでいると…。貧しい人、苦しんでいる人を見て涙を流す王子。動くことができない王子は自分の持つ全てのものを分け与え、人々を救って欲しいとツバメにお願いします。
本当は仲間のいる南の国へ急いでいかなければならないツバメ。王子のお願いを聞いていると、自らも訪れる冬の寒さで凍え死んでしまいます。最初は嫌々だったツバメが、王子の優しさに心を動かされ、ツバメ自身も王子のために尽くす覚悟を決めます。自分を犠牲にし、命を削りながらも人々を救い続ける王子とツバメ。そして、遂にボロボロになってしまった王子は町の人々によって壊されてしまいます。最後は神様によって王子とツバメは永遠の命を与えられます。
とても残酷でとても悲しく、そして優しさと清らかさで満ち溢れた心に響く名作です。
今、損得ばかりを気にして、他人よりも自分を優先する考えばかりの世の中だからこそ、子供たちには読んで欲しい作品。人に優しくするというのは楽しいことばかりではない。時としては自己犠牲を払わなくてはならない場合もある。そんな時、損と考えるか、相手が救われたことに喜びを見出すか…。優しさとは時に辛いものであり、時に苦しいものであるということを教えてくれる一冊です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日から娘の小学校では水泳学習がスタート!!

普段、ちょっぴり体育が苦手な娘もこの時期だけはやたらと元気!!

プール大好き人間だからね~(*´∀`)ノ アハハ

夕食時に「今日のプールはどうだった?」と聞いてみると、

娘「もうな!! ビックリせんといてな。みんなの唇が紫色やったで~!!」

私「へ?? 寒かったんか?」

娘「そうやねん。寒くて寒くて、みんな、ガクガク震えたはったワ」

私??? 今日は暑かったけどな~。真水はやっぱり冷たいもんな。

私「で、うまく泳げた???」

娘(ちょっぴり威張って)「泳ぐとかそんなんちゃうねん。水がな、膝ぐらいまでしかないねん」

ココで椅子を飛び降りて、膝を指さして「ココまでやで!! 泳ぐとかじゃないやろ!?」

私( ̄~ ̄;)?? 「ふーん。じゃぁ、みんな何してたん?」

娘(ますます威張って)「み・ず・あ・そ・び♪」

さよか~。(んだら、あんまり寒くないやん~)

いよいよ、息子の幼稚園でもプールへのカウントダウンが始まった。

まずは、そう、ギョウチュウ検査から。

息子「ママ、コレな、明日、お尻にはるセロテープな」と手渡されちゃいました。

セロテープだって ( ´∀`)σ)Д`) アハハ

痔やけど、大丈夫やんな~。関係ないやんな~。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓ 
バナー


学校では連日プール学習が行われる。娘は大喜びだけど、洗濯が大変だぁ。。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。