07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-21 (Mon) | 絵本 | COM(5) | TB(1)
こんたのおつかいこんたのおつかい
(2004/04/21)
田中 友佳子

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~



「お揚げを買ってきて」とおつかいを頼まれた子ぎつねのこんた。買ってくるものを忘れないよう「おあげ、おあげ」と繰り返しながら買い物に出かけます。お店に行く途中、分かれ道に差し掛かると、お母さんにダメと言われていた「もりのみち」を通ってしまったこんた。不気味な「もりの道」でまずこんたが出会ったのは、てんぐ! あまりにも怖かったのでこんたは、つい「てんぐ、てんぐ」と口ずさみながら進んでしまいます。次に出会ったのは、おに!さぁ、こんたは無事に「もりのみち」を抜け、買い物ができるでしょうか? 続きは絵本を読んでのお楽しみです。
ページをめくるたびに登場する恐ろしいてんぐやおに。迫力満点のイラストに、こんたと一緒に子供たちもビックリするでしょう。
こんたはちゃんと買い物できるかな? おうちへちゃんと帰れるかな?そんなドキドキ感が絵本を通じて伝わってくるようです。
最後の最後にはちょっとした言葉遊びも交えた楽しいオチになっているので、安心して子供と一緒に楽しむことができるのもこの作品の魅力でしょう。
こんたの可愛らしい表情、各ページに出てくるもぐらを見つける絵探し的要素、言葉のもつ魅力、失敗が成功に変わるときの爽快感…。小さな冒険物語として子供に人気の絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

昨日は私は取材の仕事があったので、一日じいじと一緒に過ごした子供たち。

どこへ行ったかというと宝塚の「手塚治虫記念館」。

じいじの選択、しぶいっ!!

で、帰宅後、どうだった?と尋ねたら

娘「漫画がな~いっぱいあったで!!」

息子「映画も見た」

娘はピノコのストラップを、息子はアトムのメモ帳をお土産に買ってもらったようだ。

あぁ、私も行きたかったな~。

日本の漫画の中で手塚治虫の作品は別格だ。

今から何年も昔に描かれた作品でも、今でも十分に通じるものを感じることができるっていうのは素晴らしい。

何より、私の世代の人々にとってほとんどの人が手塚治虫のアニメを観て育ったはず。

「鉄腕アトム」
「メルモちゃん」
「リボンの騎士」
「火の鳥」
「ジャングル大帝」…

もうね、膨大な数の作品を手塚治虫は作り上げているんですね~。

詳しくはこちら

あ、京都にも手塚治虫ワールドがあります。

今度、子供と一緒に行ってみよ~☆

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓ 
バナー


今、息子と一緒にハマっているもの。「仮面ライダー電王」。主役の佐藤君がかっこいいのだ(≧∇≦)☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




















管理者にだけ表示を許可する

こんたのおつかい
田中友佳子作・絵いやぁ~、笑えます。こんたがお母さんぎつねにおつかいを頼まれて、いつもはお母さんに「通っちゃいけません」って言われてる道を行っちゃうから、さぁ大変!天狗や鬼やお化けがいっぱ~~い! …
2007/07/15 16:25  絵本の部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。