08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-28 (Mon) | 絵本 | COM(4) | TB(0)
だるまちゃんとだいこくちゃん(こどものとも絵本)だるまちゃんとだいこくちゃん(こどものとも絵本)
(2001/01/25)
加古 里子

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


加古里子さんの「だるまちゃんシリーズ」。ちょっぴり羨ましがり屋さんのだるまちゃん。お友達のだいこくちゃんが欲しいものが次々と出てくる素敵なうちでの小槌を持っているのを見て、すっかり欲しくなってしまいます。早速、おうちに帰って、同じようなおもちゃを作ってみたのですが、なかなかうまくいきません。そこで、だいこくちゃんと工夫してふたりの小槌をバージョンアップすることに。最後には、とっても素敵な小槌が出来上がります。
人の持っているものを素敵だね、と素直に言えること。
欲しかったらまず工夫して自分で作ってみること。
さらに、自慢することなく、一緒に協力し合ってさらに素敵なものを作ること。
子供にとって本当に大切なことを楽しく夢あふれる物語で教えてくれる一冊です。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

最近、暑くなってきて、娘も息子も水筒持参で毎日登校&登園しています。

ところが、幼稚園、小学校それぞれに水筒の決まりがあるんです。


娘の小学校では、水筒はストロー付でないもの。ペットボトルは不可。

次にお茶を凍らせたり、氷を入れたりしない。

お茶以外の炭酸やジュースなどは禁止。

この3つ。

まぁ、ジュースや炭酸なんかは理解できます。

で、凍らせたり、氷を入れたりするのも、衛生上禁止なんだろうな~。

私が小学校の時代は、みんな水筒のまま冷凍庫に入れて、お茶をカンカンに凍らせて持参していたっけ。。。

凍ったお茶が少しずつ溶けた、その冷たいお茶を飲むのが楽しみだった記憶がある。

今の子供たちはそんな想い出は作れないのでしょうね~。

んで、んで、ストロー付&ペットボトルがNGなのも衛生上の問題なんだろうね。

というわけで、蓋付の水筒かボトルタイプの水筒に限られてくるんだけど、

蓋付水筒はうまく蓋を閉めないとすぐお茶がこぼれちゃうという難点が…。

ボトルタイプは重い。。。。

今、娘は蓋付のタイプを使用しているけど、いっつも中身がこぼれて怒っている。。。( ̄Д ̄;;


息子の幼稚園でも水筒には決まりがあって、紐付のもの。

お茶は当日作ったもの。

当然、凍らせたり、ジュースなどはNG。

ここでの難点は当日作ったものに限るということ。

これも衛生上の問題なんだとは理解できるのだけど、

当日作ったものはどんなに頑張っても冷たくならないんだ~。

生ぬるいお茶になっちゃう。

んで、息子はいつも怒っている「冷たいお茶がいい!!ヽ(`д´;)/」と。

両者の希望をかなえるのはちょっち難しいっす。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 「くものすおやぶん」の書評が今週のオススメ書評に掲載されました。チェックしてね☆


私のメインブログです↓ 
バナー


毎朝、起きてすぐするのは水筒に入れる麦茶を作ること。娘の方が1時間早いので、どうしても薄いお茶になっちゃうんだよね~。いつも「ママのお茶、まずいねん」と文句を言われています…☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。