05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-08 (Tue) | 赤ちゃん絵本 | COM(3) | TB(0)
かお かお どんなかおかお かお どんなかお
(1988/01)
柳原 良平

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら1~2歳
自分で読むなら5歳~



顔に目が二つ。鼻と口は一つ。どの顔でもそれは同じだけど、ちょっとした輪郭や顔の色、目や口の形で表情は違っていきます。その変化をとてもシンプルにカラフルに描いた作品です。赤ちゃんのファーストブックにとても適した絵本。
楽しい顔、悲しい顔、笑った顔、泣いた顔、いたずらな顔、すました顔…ページをめくれば、子どもたちは「あ、コレはママの顔~」「コレはねえねえの顔~」と指指しながら会話が弾みます。最後の「いい顔」はとても素敵。子どもが泣き出しそうな時、怒ったときに、この絵本のページを開いて、「いいかお~、いいかお~」とすればきっと子どもの顔も自然といい顔になってくれそうです。
作者の柳原良平はキャラクター「アンクル トリス」を案出したイラストレーター。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

GW中に子どもたちが飼い始めた沢蟹。

これね。↓
さわがに


まだ、元気ですヽ(´▽`)/

意外だったのは、息子が毎日熱心に世話をしていること。

絶対、途中で飽きちゃうだろうな~と思っていたのに、

朝起きると、まず沢蟹のところへ行って

「元気?」

パジャマのまま、そーっと器を持って外へ行き、

前日汲み置きしていた水と汚れた水を取り替える。

もちろん、パジャマはビシャビシャになっているが、蟹のすみかはピカピカ。

スーッとお弁当を作っている私のそばへ来て、

「ご飯ちょうだい。かにさんのごはん」と言って

お皿に残ったごはん粒をもって蟹のところへ行き、

ちゃんとごはん用の器に入れて、ソーッと置く。

幼稚園に行く前も帰ってきた時も必ずチェックしている。。。。

溺愛だ。。。。。

どうやら名前もつけているみたい。ヽ(´▽`)/

このまま、ずっと続けてね。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓ 
バナー


一方、娘は「蟹触るのいや~」と言ってまったく世話をせず。。。(´Д`;)☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。